蒸気邸改造記7:壁工事と企画ノート(06/04-06/08)

基礎工事が終わってしばらく中断していた壁ですが、ようやく部屋が仕切られました。スカスカの軽量鉄骨に石膏ボードや板がはられると、部屋の全体像が見えてきました。
壁ができる

一般的な日本の住宅では、壁の下地として石膏ボード(プラスターボード)がよく使われます。石膏ボードは石膏の上に紙が貼られた板状の建築資材で、我が家のような軽量鉄骨や下地板の表面に打ち付けて固定します。

石膏ボードの問題点

壁ができる
石膏ボードは防火性もあり価格も抑えられるので日本の住宅の99%以上に使われていると言われますが、万能の資材ではありません。廃棄方法はほとんど埋め立てによるもので、環境への影響が懸念されています。また廃棄処分費が高いことから不法投棄されることも多く問題になっています。

石膏ボードと合板を使用

壁ができる
施主的には、石膏ボードは壁に重いものを固定したい場合には向いていないという短所もあります。そこで設計段階で部屋のレイアウトを決めておいて、重い物を固定したい部分は石膏ボードでなく合板(ベニヤ)をはってもらうことにしました。

再び企画ノートのススメ

壁ができる
以前家を立てる際には、施主が綿密な企画・計画ノートを作るべきだという記事を書きました。施主は決めることが山ほどあって忙殺されるため、部屋のどこに何を置くかということは後回しになりがちです。しかし出来上がってしまったらやり直しができないので、引越し後に家具や電化製品を置こうとしたものの、時すでに遅しということもあるのです。

蒸気邸改造記3:打ち合わせと企画ノート(05/24)
蒸気邸改造計画「プロジェクトS」の企画・計画ノート。資料、アイデアのメモ、領収書など、リフォーム工事に関連したものはすべて200ページ以上のノートにスクラップしていました。

照明器具や薄型テレビの場合

壁ができる
例えば照明器具やテレビなどを天井や壁に組み込むつもりであれば、工事が始まる前に重さを計算して資材を決定しなければなりません。いくら軽量・薄型と言っても意外に重みがありますし、石膏ボードに直接固定することはできません。(※)

特に下方向に負荷がかかる照明器具を、直接石膏ボードに取り付けるのは不可能。そして危険。木材の下地を設置して補強しなければならない。下地は一応工事後に取り付けることもできるが工費もよけいにかかるので、リフォーム計画時に重量の問題は考えておきたい。

標本コレクションやスチームパンクパイプ

壁ができる
また私は蝶の標本をコレクションしており、壁一面に額入りの標本を取り付けたいと思っていましたし、トイレの一部の壁にスチームパンク的なパイプを張り巡らそうと考えていました。建築士さんとは事前に何度も打ち合わせをして家具や家電、オブジェのレイアウトを伝えて、荷重に耐えられる壁の建材を選んでもらいました。

永遠の理科少年少女へ! 蝶の標本と生物部の思い出と学研の図鑑と
壁一面を埋め尽くす標本額には色とりどりの蝶、蝶、蝶! 昔の学校の理科室、生物室が心に浮かぶ方も多いことでしょう。私の蝶コレクションと蝶に関する思い出や図鑑について書きました。

正直素人には難しい

壁ができる
正直まだ何も建っていないような段階で、全ての家具、家電、荷物をどこに置くかなんて、私のような素人には上手く考えられませんでした。その上口頭で建築士さんに伝えるなんてとても無理。だからイラストや写真の切り抜き、パンフレットなどをスクラップしたノートは本当に役立ちました。

壁の次はドアの枠

壁ができる
手で字を書いたり絵を描いたりすると頭の中が整理されますし、文字や写真は口で伝えるより正確に情報をやりとりできますよ。……てなことを書いている間に壁がすっかり出来上がりました。次回はこの壁にドアの枠がつく行程です。

蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る