ヴンダーシェルフ(蒸気の棚)と収納棚(06/07〜現在)【蒸気邸改造記12】

書斎のヴンダーシェルフ(蒸気の棚)と収納棚です。これまでベッドルームと暖炉の上にあった骨格標本、鉱物標本、スチームパンクグッズなどのコレクションを並べるために設置しました。
飾り棚と収納棚

書類や本などを入れるための収納棚

飾り棚と収納棚
壁、床など部屋の基礎が出来上がった段階で、家具職人集団・アーティストリーさんの搬入作業がありました。腰壁と同じ高さの収納棚と、飾り棚が設置されました。収納棚は腰壁と同じデザインにしてもらいました。この収納棚は書類や本などを入れるためのものです。

ドア枠の設置とお薦めの家具屋さん(06/04〜06/09)【蒸気邸改造記8】
壁の下地工事と同時進行で進められたドアの枠の設置。ドア枠がつくと一気に部屋らしくなります。今回はドア枠を作ってくださった、スゴ腕の家具職人集団を抱える家具屋さんについて。

キッチンの裏にある飾り棚

飾り棚と収納棚
飾り棚はキッチンと背中合わせになる位置。棚板は4枚つけてもらいました。棚板と棚板の間は30センチで、これは以前ベッドルームにあったニッチ棚(壁を凹状にくりぬいて作られた棚)の高さと同じにしてもらいました。

書籍は隠す収納

飾り棚と収納棚
2013年06月08日。収納棚にゴールドのつまみがつきました。気に入った本は自分でアンティーク風に装丁したのですが、手を加えていない本は背表紙がカラフルでごちゃごちゃした印象になります。これは扉が閉まる本棚なのでそれらを隠して収納できます。

目指せ洋書革装丁のマイ図書室! アンティーク装丁にチャレンジ
愛読書を本棚一つ分アンティークな装丁にカスタマイズしてみました。道具類も市販されていないことが多いのでいくつか自作しました。本を洋書革装丁風にするDIYのハウツーです。

コンセント設置

飾り棚と収納棚
腰壁や収納棚が設置された後でコンセント用の穴があけられました。蒸気邸建設当初、コンセントは白色しかなかったのですが、今はグレイ、ブラウン、ゴールド、木目調など様々な色・素材のものが発売されています。私は腰壁の色と同じようなダークブラウンにしました。

本棚の背面に壁紙

飾り棚と収納棚
飾り棚の背面に壁紙が貼られました。これはビニールクロスなのですが、触った感じも見た目も和紙のようです。展示物が映えるように色はダークレッド。収納棚上の壁(写真左手)には標本をぎっしり飾りたいので壁に板を張ってもらいました。

リビング全体の壁紙

飾り棚と収納棚
リビング全体に壁紙が貼られました。淡いイエローグリーンのダマスク模様です。ダマスク模様は、12世紀のシリアのダマスカスで作られた織物の模様です。英国の伝統的な壁紙のモチーフとしてよく使われます。エキゾチックな雰囲気のあるクラシカルスタイルです。

リフォーム終了、清掃開始

飾り棚と収納棚
2013年06月16日にリフォームの施工が終了し清掃作業が始まりました。棚板も入って、表面がピカピカに磨かれました。これで全て完成。

現在の収納棚

飾り棚と収納棚
この写真は2013年10月16日現在の収納棚の様子。扉が閉まっているとすっきりした印象。

収納棚の3分の2が空

飾り棚と収納棚
扉の中には装丁していない本や資料、書類などが入っています。書斎の収納はたくさん作ってもらいましたが、私はあまりモノを貯めこまない性格なので収納棚の3分の2が空っぽです。

飾り棚はコツコツ作っていく予定

飾り棚と収納棚
現在の棚。棚の上半分以上があいています。これから今後何年もかけて、シャーロック・ホームズの物語の小道具を作ったり、スチームパンクグッズを入手したりして徐々にヴンダーシェルフ化していく予定です。

スチームパンクな書斎机を目指して(06/15〜現在)【蒸気邸改造記13】
1日の中でベッドの次に長い時間使う家具、それがこの書斎机です。机の上にはたくさんのスチームパンクグッズ、ガジェットが乗っています。私の仕事場でもある書斎机について書きます。

追記:2017年08月06日

飾り棚と収納棚
この記事を書いてから4年後、2017年08月現在のヴンダーシェルフの様子です。かなりコレクションも充実してきました。さらにいろんなワンダー(驚異的な)グッズを作っていきたいです。

蒸気夫人

関連商品・参考文献

※情報修正2017年08月

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る