蒸気邸改造記14:天井の照明とシーリングメダリオン

天井の照明器具は白熱球か蛍光灯かまたLEDか、または電球の数、傘の形状、位置などによって、部屋の雰囲気ががらりと変わります。天井の照明とメダリオンについて書きます。
天井照明シーリングメダリオン

日本の住宅においては照明器具の重要性があまり意識されておらず、部屋中を眩しいぐらいい照らす強力な照明があればそれで良いとばかりに、無機質な蛍光灯がぶら下がっているだけの部屋も多いように思います。日本の照明に対して言いたいことがたくさんあるのですが、それは以前「『陰翳礼讃』スチームパンカーの必読書」という記事に書きましたのでどうぞご覧ください。

『陰翳礼讃』スチームパンカーの必読書
最も我慢ならないこと、それは光の暴力。住宅、公共建築物、商業施設──どこもかしこもビカビカと照らしだされています。スチームパンクと照明そして『陰翳礼讃』についての考察です。

電気工事開始

天井照明シーリングメダリオン
壁紙も貼られ、備え付けの家具も設置された後、電気工事が始まりました。コンセントやスイッチパネルと一緒に、天井と壁の照明器具の取り付けが行われました。リビングの天井照明は楽天の「mu-ra online store」で購入しました。

アンティークな照明器具を購入

天井照明シーリングメダリオン
mu-ra online storeにはアンティークテイストの照明器具がたくさん揃っています。リビングには8灯シャンデリアの「Francoisフランソワ」を2つ、窓際に王冠型の1灯シャンデリア、ダイニング上に2灯シャンデリアの「Olga オルガ」を購入しました。

シーリングメダリオン設置

天井照明シーリングメダリオン
天井照明を取り付ける場所には「シーリングメダリオン」をつけました。シーリングメダリオンは「シーリングセンター」、「シーリングローズ」とも呼ばれます。シーリングメダリオンは照明を引き立てるためにつける天井装飾材です。灯りに照らされた彫刻の陰影が天井を美しく彩るため、シャンデリアと共に取り付けられることが多いようです。

現代では軽いウレタン素材が主流

天井照明シーリングメダリオン
昔は漆喰や石膏で作られた大変重いものでしたが、現在では発泡ウレタン素材に塗装したものが流通しています。お値段は3000円ぐらいから数万円までとお手頃で、万が一落っこちても軽いので安心です。これは装飾建材のお店「みはしショップ」で購入したシーリングメダリオンで、直径660ミリ、6300円でした。

石膏のようなマットホワイトで塗装

天井照明シーリングメダリオン
何度も登場している職人集団の「アーティストリー」さんで、他の家具と一緒に塗装してもらいました。石膏のように見えるマットなホワイト。近くで眺めてもとても発泡ウレタン素材とは思えず、重厚な彫刻の施された石膏製に見えますよ。

1灯の照明にもぜひおすすめしたい

天井照明シーリングメダリオン
シーリングメダリオンはないと困るようなものではありません。でもシャンデリアなどデコラティブな照明の場合は、シーリングメダリオンがないと天井が少々殺風景に見えてしまうこともあります。多灯のものだけでなく、1灯の照明器具でも雰囲気が随分変わりますのでぜひお勧めしたい装飾です。

シーリングメダリオンのバランス

天井照明シーリングメダリオン
シャンデリアの光が上に抜けるタイプのデザイン(傘が上向きになっているなど)の方が陰影がくっきりとして美しくみえます。シャンデリアよりも大きいメダリオンは派手でゴージャス。でもちょっとうるさく見えることも。逆にシャンデリアより小さいメダリオンは天井が広く見えますが、淋しい印象になったり。デザインや大きさのバランスが大切です。

食事を美味しく見せる照明

天井照明シーリングメダリオン
これはダイニングテーブルの真上に設置した2灯のシャンデリア。食事時に並べたお皿の真上に灯るので、食べ物がツヤツヤと光って美味しそうに見えます。蛍光灯よりは白熱灯の方が赤の色を鮮やかに見せ、立体感を強調する性質があるので食欲を駆り立てますよ。

高額な電気代の解決法

天井照明シーリングメダリオン
ただし我が家はリビングだけでも40wの白熱灯電球が全部で23個もあるのです。これは相当な電気代になってしまいます。電気代の請求書を見るのが怖い……。そこで2ヶ月前に我が家のほとんど全ての電球を、LED電球に変更しました。次回は電気代の変化やLED電球の明るさについても書きます。

蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る