蒸気邸改造記22:木目と大理石のキッチンリフォーム

正直あまりキッチンに思い入れがありません。自分が食べることに関してそれほど興味が無いからかも……。のっけから気のない文章ですみません。今回はキッチンのリフォームについて。
キッチンのリフォーム

シャーロック・ホームズ物語の中では、ハドソン夫人がお茶や朝食を用意したりしていますね。ワトソンやシャーロックが自らキッチンで調理をするシーンはあまり出てきません。

BBCの人気ドラマ現代版の『SHERLOCK/ シャーロック』においては、せっかく下宿にキッチンがあるにもかかわらず、所狭しとビーカーやフラスコが並ぶ実験室に改造されていましたね(そして冷蔵庫の中にはとんでもないものが!)。

しかしながらホームズ物語の『四つの署名』では、めずらしくホームズは牡蠣と雷鳥に料理の腕を振るっています。お料理するときはキッチンのお掃除したりするのかしら。

【05月20日】工事直前

キッチンのリフォーム
リフォーム前の台所です。壁が取り囲んでいて目隠しになるメリットもありますが、閉鎖的で狭い印象がありました。家を建ててから全く使用していなかったのでシンクも食器棚も真新しいままでしたが、ここもリビングと一緒に作り変えることにしました。

【05月20日】キッチンの様子

キッチンのリフォーム
撤去前の様子です。基調色は白とダークレッド。まるごとシステムキッチンを入れ替えて大型の食器洗浄機も組み込むことにしました。ガスレンジは上手く取り外すことができたので、新しいキッチンでリサイクルします。

【05月21日】撤去

キッチンのリフォーム
システムキッチンが全て取り除かれました。壁も取り壊し。下水の位置を少しずらしてもらいました。

【06月07日】撤去

キッチンのリフォーム
TOTOのシステムキッチンが搬入されました。1ヶ月前にTOTOのショールームを訪れて、キッチンや食器棚などを選んでおいたのです。ショールームは家族連れでいっぱいでしたが、やはり先頭を切って一族郎党を引き連れているのは一家の奥様。台所は女の城なんだなあと思いました。

【06月08日】壁作り

キッチンのリフォーム
リビングとイメージが合うように、壁を作ってもらいました。本棚や収納棚と同じ素材で作ってもらったので、キッチンも上手く風景に溶け込んでいます。

【06月12日】腰壁作り

キッチンのリフォーム
腰壁もつけてもらいました。実際はここに食器棚を置くことになるので、必要なかったかもしれません。

【06月13日】食器棚にダイノックシート

キッチンのリフォーム
もともとついていた食器棚は撤去せずにリサイクルすることにしました。ダークレッドの表面に、ダークブラウンの木目ダイノックシートを貼りました。システムキッチンも木目なので統一感が出ました。

【06月13日】クッションフロア

キッチンのリフォーム
床は、陶器のタイルとクッションフロアとどちらにするか最後まで迷ったのですが、結局手入れのしやすさを優先させてクッションフロアにしました。キッチンでは水がこぼれることもしばしばなので、掃除がしやすいものにしたのです。また冬だと陶器タイルは足元が冷えますが、クッションフロアは保温性もあるので暖かいです。

【06月18日】冷蔵庫搬入

キッチンのリフォーム
冷蔵庫が搬入されました。私は常々、なぜ台所家電は白色ばかりなのか非上に腹立たしく思っているのですが、同じように考えている方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。木目の冷蔵庫はないかと探してみると、三菱のJXシリーズから木目の「ロイヤルウッド」が発売されていました。

見た目も性能も大満足

キッチンのリフォーム
見た目だけでなく瞬間冷凍、パワーセーブ、タッチパネル操作など性能も素晴らしくとても満足しています。トースター、電子レンジ、炊飯器は以前と同じものを使っています。いずれ壊れた時には木目やダークブラウンのものを探して購入したいと思います。

木製の分別ゴミ箱

キッチンのリフォーム
現在の様子です。右は食器棚。左はカウンターに見えますが、実ゴミ箱が引き出し式で収納できる木製のゴミ箱です。もうちょっと色が濃いものがよかったのですが、見つからず残念。

台所のモノは必要最低限

キッチンのリフォーム
我が家はもともと食器・カトラリー類が必要最低限しかありません。二人暮らしだから、箸、フォーク、スプーン、ナイフ、茶碗、お皿、コップなどもギリギリ二人分。そのかわり、全部気に入っているものだけを置いています。

今後少しずつアンティークに改造

キッチンのリフォーム
キッチンはシンプルですっきりしているとは思うのですが、いまひとつヴィクトリアンでないのが不満の残るところです。ここはこれから数年かけて少しずつレトロでアンティークなデザインに改良していけたらと思っています。

蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る