ノーチラス号ネモ船長のトイレ2「人魚の棚」

この記事をシェアする

オークションでウォールシェルフを見つけました。人魚の棚とタツノオトシゴの棚です。壁面ディスプレイとしても美しいこれらのウォールシェルフを、白くペイントしてみました。
人魚とタツノオトシゴの棚

映画やアニメ、コミックなどで見る『海底二万里』のノーチラス号は、タコやイルカなど海の生物をモチーフにした内装になっていることが多いですね。海を愛するネモ船長ですから、やはり海の生き物に囲まれたデザインを好むのでしょうね。

人魚をメインモチーフに

人魚とタツノオトシゴの棚
私がメインモチーフに選んだのは「人魚」です。私はこの「スチームパンク趣味」の他に、「珍スポット探訪日本珍スポット100景)」と、「人魚活動(青人魚連盟:BML)」にも力を入れています。人魚活動はモノフィンというイルカの尾びれのようなフィンと、自作の人魚スーツであちこちの海で素潜りするというものです。

eBayで見つけたウォールシェルフ

人魚とタツノオトシゴの棚
アメリカのオークション、eBayでこんなウォールシェルフを見つけました。人魚だけでもよかったんだけど、タツノオトシゴの出来がとても良かったので一緒に購入。

タツノオトシゴと人魚

人魚とタツノオトシゴの棚
材質はレジンでずっしりした重みがあります。細かいところも丁寧に彫刻されていて美しいウォールシェルフです。裏側にはフックを引っ掛けられるように溝が彫られています。人魚の方は緑がかった青。タツノオトシゴはペールブルー。

白くペイントすることにしました

人魚とタツノオトシゴの棚
壁の色に合わせて白く塗り直すことにしました。今回はスプレー塗装。最初に中性洗剤で洗って手の油や汚れを落とします。そして下地としてプライマーを吹きます。この「ミッチャクロンマルチ」というスプレーは、無色透明で塗料の定着がとても良いのでオススメです。(ただしテクスチャが強いので、細かい装飾品とかには向いていません)

下地→ホワイト→ニス

人魚とタツノオトシゴの棚
白のラッカースプレーを吹きます。完全に乾いたら二度塗り。そして乾燥後マットタイプの透明ニスを吹いて塗装終了。

下の色がうっすら残るぐらいに

人魚とタツノオトシゴの棚
完全に真っ白にするとのっぺりして立体感が失われるので、下の青色がうっすら残るぐらいにしておきました。

ネジのフックで壁に固定

人魚とタツノオトシゴの棚
壁にアンカーを2つ打って、フック用のネジを頭から5ミリ残してねじ込みました。これでがっちり壁にかけられました。

人魚のウォールシェルフ

人魚とタツノオトシゴの棚
人魚のウォールシェルフはトイレの扉の左側にとりつけました。上にはバラの花のアレンジを置きました。

タツノオトシゴのウォールシェルフ

人魚とタツノオトシゴの棚
タツノオトシゴのウォールシェルフは、扉を開けて正面の壁にとりつけました。上には人魚の彫刻を乗せました。色をそろえると、インテリアがごちゃごちゃせずにすっきりとまとまります。形が気に入っているものは思い切って好きな色に塗ってしまうのも手です。

材料・道具
蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る