洗面所改造記3「レースの基礎知識とタオル作り」

レース。それは女性の心をときめかせる魅惑の織物。クラシカルな洋服に欠かせないアイテムです。レースの基礎知識の解説とレースを使ったオリジナルタオル作りをしてみたいと思います。
オリジナルタオル作り

小学館・日本大百科全書によると、レースとは「糸を操作することによって透かし模様をつくりだしたもの」とあります。レースの魅力はまさに透かし模様にあります。透明なような、不透明なような、向こう側が見えるような、見えないような──このゆらぐような神秘的なイメージは昔から人々を魅了してきました。

レースが文献にはじめて登場するのは、13世紀初期。英国の尼僧院の規約にレースという言葉が使われました。

レースの歴史ー古代

オリジナルタオル作り
野生の動物を捕るために使った網の形状とにていることから、古代のフランス語のラシ(LassisまたはLacisで「わな」の意)から派生した言葉ではないかと考えられています。レースという言葉が尼僧院で作られたように、レースはナンズワーク(Nun’s Work「尼僧の手芸品」)と呼ばれていました。

イタリアのレース

オリジナルタオル作り
16世紀になると刺繍の技法からニードルポイントレースがイタリアで発達しました。貴族や裕福な商人階級の人々の間で首の周りを大きくぐるりと囲む襟「フレーズ」が流行しました。この流行はフランス、イギリスをはじめヨーロッパ中に広まりました。あまりに高価になったレースに対して、王族やある階級以上の貴族以外のレースの着用を禁止する「奢侈(しゃし)禁止令」まで発令されたこともありました。

フランスの流行

オリジナルタオル作り
現代ではレースと言ったら女性の洋服──と考えられていますが、レースが発達したフランスのルイ王朝では男性の宮廷衣装として不可欠なものとなりました。あなたも昔の襟元をレースで飾ったフランス貴族たちの肖像画をご覧になったことがあるでしょう。意外なことに当時はレースは「男らしさの象徴」だったんですね。もちろん女性のドレスの一部やショール、下着など女性の衣装を飾るものとしても人気となりました。

機械レースの発明

オリジナルタオル作り
今日一般庶民がレースの衣装を身につけられるようになったは、機械レースの発明のおかげです。1808年にイギリスのジョン・ヒースコートがボビンネットによる機械レースを開発し、1828年にはスイスのパイルマンの刺繍レース機が生み出されました。19世紀半ばにはあらゆる種類の手工芸レースに似た、質の高い機械レースが作られるようになったのです。

日本にも輸入

オリジナルタオル作り
日本でも1920年代にレース機械が輸入され各地で機械レースが生産されました。現在「機械レースによって作ることができないレースは存在しない」とまで言われています。短時間に大量のレースを作ることが可能になり、かつての貴族の織物は低価格で一般に流通するようになりました。

機械レースの流通

オリジナルタオル作り
手編みによるレースは今でも女性の趣味としてニードルポイントレース、ボビンレースなどが人気ですが、市場に出回っているのはほとんどが機械レースです。一番使われているのはエンブロイダリーレースでしょうか。
エンブロイダリーレースは機械で布に刺繍をほどこしたレースで、化学処理で布をとかして刺繍のみ残すケミカルレース、チュールに刺繍したチュールレース(ネットレース)、綿生地に刺繍した綿レースなどがあります。他にもラッセルレーストーションレースなどレースの種類は様々です。

レースは女性スチームパンカーの必需品

オリジナルタオル作り
レースいっぱいのお部屋はスチームパンク趣味の女性にとって心躍らせるものがあります。レースたっぷりのスチームパンクルックは必需品。写真のレースはほんの一例ですが、一口に「レース」と言っても、たくさんの種類があるということだけ覚えていただければ幸いです。

オリジナルタオルの作り方

オリジナルタオル作り
さて、レースの基礎講座はこれくらいにして、オリジナルのタオル作りにとりかかりましょう。まずはタオルを用意します。極普通の真っ白なタオルです。フェイスタオル、ハンカチタオルを新しく入手しましたが、今お使いの気に入っているタオルでも大丈夫。

【1】レースを選ぶ

オリジナルタオル作り
タオルの縁につけるレースを選びます。小さいハンカチタオルには小さめのレース、大きなバスタオルには大きめのレースが似合います。

【2】まち針でレースをとめる

オリジナルタオル作り
まち針でタオルの縁にレースをとめます。

【3】レースとタオルを縫う

オリジナルタオル作り
レースとタオルを重ねて縫います。ミシンでも手縫いでもOK。はい、おしまい。今回は簡単なDIYでしたね。

意外にゴージャスになります

オリジナルタオル作り
レースの色はタオルと同系色にしても良いし、あえて別の色のものを使うのも良いでしょう。別の色だとレースの模様が際立ちますね。1枚あたり5分から10分でできるタオルリメイク。材料費もそれほどかかりませんが、意外にゴージャスになりますよ。

材料・道具
蒸気夫人
関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る