歯車が美しい階差機関のスチームパンクキーボード・階差Ⅱ(カイザー2)

蒸気社の新製品・スチームパンクキーボード・階差Ⅱ(カイザー2)をご紹介します。2016年発売の階差Ⅰとの違いはテンキー。スイッチ切り替えでiPhone、iPadにもお使いいただけます。
階差Ⅱ・カイザー2

広告

バベッジの階差機関がモチーフ

コンピュータの父・チャールズ・バベッジ(Charles Babbage 1791~1871)が構想した階差機関 (difference engine)は歯車を使った自動計算機です。その階差機関をモチーフにしたスチームパンクキーボード・階差(Kaiser)。発売から1年が経過して、新たに階差Ⅱがリリースされました。

スチームパンクの父・バベッジの階差機関(ディファレンス・エンジン)とは?
パンチカードでプログラムを組み、蒸気機関によって歯車を回し、演算結果を印刷する世界初のコンピュータ・ディファレンス・エンジン。コンピュータの父バベッジと階差機関について。

階差Ⅰと階差Ⅱの比較

階差Ⅱ・カイザー2
階差Ⅰと階差Ⅱの比較です。左上2機が階差Ⅰ。右下が今回作った階差Ⅱです。36個だった歯車は100個になり、新たにテンキーがつきました。階差Ⅰはマホガニーブラウンとピアノブラックの2種類でしたが、階差Ⅱはピアノブラックのみです。大きさは425mm×215mm×125mm。低反発クッションのハンドレストつきです。

皇帝の名を持つ、階差機関のスチームパンクキーボード・階差(カイザー)
蒸気社のニューモデル、スチームパンクキーボード・階差(カイザー)。皇帝(Kaiser)の名にふさわしい豪華かつ優美な外観。ガラス製のキートップに階差機関の歯車が特徴です。

オカダヤスチームパンク展示会に出品

階差Ⅱ・カイザー2
階差Ⅱは2017年10月6日(金)〜31日(火)に新宿オカダヤ特設会場にて開催された、スチームパンク作品展示会に出品するために作りました。階差Ⅰとともに3機展示したのでご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

新宿オカダヤ・秋のスチパン祭りレポート(10月06日〜10月31日)
新宿オカダヤにてスチームパンクの展示会、即売会、ワークショップを含む総合イベント・オカダヤ秋のスチパン祭りが2017年10月06日〜31日の長期間に渡って開催されました。

耐久性のあるガラスキートップ

階差Ⅱ・カイザー2
古き好き時代のタイプライターを模したクラシカルな外観。iPad、iPhoneともボタン一つで連携できます。また美しいガラス製キートップは耐久性がありハードユーズに耐えられます。

最も苦労したギア作り

階差Ⅱ・カイザー2
階差に関しては諸事情により詳しい作り方を割愛させていただきます。当記事ではダイジェストで制作過程の写真を掲載しました。一番苦労したのがギア作りです。なんせ100個もあるので、一つ一つノギスで大きさを測ってほぼおなじ大きさの歯車に揃えるのが大変でした。

1年半で技術力が向上しました

階差Ⅱ・カイザー2
階差Ⅰを制作したのが2016年05月。それから1年半経過しての階差Ⅱ制作となりましたが、並べて比べてみると技術力に大きな差が感じられました。ゆっくりとではありますが自分なりに技術が向上したのだなあと嬉しくなりました。

使っていくうちに改善点も見つかりました

階差Ⅱ・カイザー2そして実際に1年半階差Ⅰを使ってみると「ここがもうちょっとこうだったら良かったのに」という改善点に気がつくようになりました。私の工作品は実際に使うものばかりなので、自分で使用テスト(しかもできるだけ長期間)をすることが大切なんだなと思いました。

Natsukoさんのおかげです

階差Ⅱ・カイザー2
和装スチームパンクを推奨していらっしゃる、Natsuko@NatsukoCoral)さんにはとても感謝しています。階差Ⅰは毎日何時間も使っていたので塗装がはげてしまった部分がありました。そこにNatsukoさんよりプレゼントしていただいたこの金具を貼り付けることで塗装を保護することができたからです。

【インタビュー】和装スチームパンクの先駆け!(Natsukoさん)
和装スチームパンカー・Natsukoさん。和の小物や着物を使った日本独自のファッションを推奨されています。着こなしのコツやスチームパンクに関するお考えをお聞きました。

Natsukoさんは奥ゆかしい大和撫子なのでプレゼントしたことは内緒にということでしたが、バラしてごめんなさい。でも本当にありがたかったです。

劣化が全くなかったガラス製キートップ

階差Ⅱ・カイザー2
毎日5時間以上キーボードを叩き続けて1年以上が経過しましたが、階差Ⅰのガラス製キートップは多少汚れても全く劣化がありませんでした。アクリル板、レジン、カッティングシート、プラスチック……様々な素材を試しましたが、劣化しなかったのはガラスのみでした。ガラスは透明度が高く美しいので最適ですね。

独立テンキーはお役御免に

階差Ⅱ・カイザー2
テンキーつきのキーボードになったので、左に置いている独立したテンキーはお役御免となりました。スチームパンクガジェットが増えて、年々書斎机の作業スペースが小さくなっていて困っていたのでちょっとホッとしました。さあて、次は何を作ろうかしら。

歯車と木目のディファレンスエンジン的「スチームパンクテンキー」
市販のテンキーを利用して、回る歯車と木目のスチームパンクテンキーを作りました。ガラス製のキートップはキラキラと黄金色に輝いています。表計算ソフトを使う時に重宝しています。
当記事ではキーボードは分解せずに塗装・加工をしていますが、日本においては技適認証付きの無線機器を分解して改造した後に使用することは電波法で禁じられています。正確には改造した機器を使える状態にした時点で不法無線局開設の罪となります。ワイヤレス式キーボードを分解して使用することはあくまで違法ですので、なにとぞお気をつけください。
蒸気夫人

関連商品・参考文献

※情報修正2018年02月

トップへ戻る