「オリジナルNuvango」スチームパンクiPod(前編)

iPod nano 第五世代 16GBモデル。スチームパンクな風情でしょう? 手軽にできる自作スキンシール「Nuvango(※)」で、iPodカスタマイズをしてみます。
オリジナルNuvango作り方

以前は「GelaSkins」という名前でしたが、2014年の1月「Nuvango」という名前にブランド名が変わりました。

音楽? 全く聴いてないです

家事をしている時、道を歩いている時、ほんのちょっとの時間があるとiPodを聴いています。メモリのほとんどを占めるのは落語。若手の二ツ目さんからベテランの真打まで500席以上。ガッチガチの正統派古典落語・6代目三遊亭圓生と、上方落語の知的イケメンおじいちゃん・桂米朝が特に好きですね。あとは毎週聴いている伊集院光さんのラジオ『深夜の馬鹿力』をダウンロードしたもの。私にとっては携帯よりもiPodの方が大事です。

気軽に着せ替えNuvango(旧GelaSkins)

オリジナルNuvango作り方
Nuvango(旧GelaSkins)はカナダのオンタリオにある会社の製品で、iPod、iPhoneなどアップル社のガジェット、ソニーのPSP、ニンテンドーのDSなどに貼り付けるフィルムシールのことです。いろんなデザインのものが売られていて、手軽に貼ったり剥がしたりの着せ替えができます。お値段も十数ドルからあってお手頃です。

Colin Thompsonさんの作品「Steampunk」

オリジナルNuvango作り方
サイト右上にある検索窓にイメージの単語を打ち込んで探してみてください。数多くのアーティストが素敵な作品を発表されているので、きっとあなたのお好みのものが見つかるはずですよ。もちろんスチームパンクなスキンもあります。こちらはオーストラリアの作家さん、Colin Thompsonさんの作品「Steampunk」。

そして「Underworld」

オリジナルNuvango作り方
そして同じくColin Thompsonさんの作品「Underworld」 。どっちもスチームパンクなイメージそのものでカッコいいですよね! うーん。でもねえ、スチームパンクにもいろいろ種類がありまして、どっちかというと私の目指しているテイストとはちと違うんですよ……。

2000円弱で自作シールを作れる

オリジナルNuvango作り方
これまではすでにあるデザインの中からしか選べなかったのですが、つい最近、オリジナルのスキンを作るページができていることに気づきました。iPod nanoスキン本体の値段は14ドル95セント。送料は5ドル95セント。しめて20ドル90セント。

【1】種類を選ぶ

オリジナルNuvango作り方
早速やってみましょう。まずは上のバーにある「Create Your Own」→「Start a new project」をクリックします。作りたいスキンの種類を選びます。私の場合は「iPod nano (5th Gen.)」の画像をクリック。

【2】画像をアップロード

オリジナルNuvango作り方
「Upload your own artwork, photos, etc」の画面になります。あなたのお好きな写真、イラストなどファイルを選んでアップロードします。

和風スチームパンクデザイン

オリジナルNuvango作り方
私は自分でPhotoshopを使って、iPod nano用にデザインしました。マホガニーの木製の土台に、真鍮の飾り窓、ボタン、ビスをつけて、ホイール部分には方位磁石をあしらってみました。こういうシンプルで和風なイメージが好きなのです。できたらjpg形式で保存。

【3】レイアウト画面で大きさ調節

オリジナルNuvango作り方
さきほどのアップロード画面で送信すると、下の方のグレーの部分に小さく表示されます。それを上の作業スペースにドラッグ。大きさや角度などをドラッグして、液晶、カメラホール、ホイールの位置にぴったり合わせます。この時点でちゃんと大きさが合っていないとズレて印刷されてしまうから気をつけて。

【4】ディスプレイシールもデザイン

オリジナルNuvango作り方
おまけ的なものですが、ディスプレイ用のシールも作ることができます。同じく画像をアップロードして、作業スペースにドラッグドロップ。曲名、アーティスト名を文字入力(アルファベットのみ)してみましょう。私は「Steampunk」って曲名にしました。さあ、右下の緑色のボタン「Preview」をクリック!

【5】プレビュー画面の確認

オリジナルNuvango作り方
iPod nanoにシールが貼られた状態のCGが表示されましたよ。もしこの時点で気に入らない場合には、「Back to Layout」でレイアウト画面に戻って修正しなおしてみてください。他の画像もアップロードできますし、大きさ・角度など何度試してみても大丈夫。この時点までは全て無料。これで良しとなったら「Add to Cart」をクリック。

【6】支払いを済ませて待つだけ

オリジナルNuvango作り方
クレジット番号や住所、名前など、通販のお決まりの項目を入力し(もちろんローマ字表記で)、送信ボタンを押したら終了。すぐに確認の自動メールが届きます。そして翌日、「GelaSkins Shipping Confirmation (Order No.●●●)」というメールが届きました。「もう送ったから休日祝日を除いた15日ぐらい待ってみてね。届かなかったら連絡して」という内容です。あとは到着を待つばかり。

1週間以内で商品到着

オリジナルNuvango作り方
来ましたー! 「送ったよ」メールが届いて5日後に届きました。こんな感じの厚紙の封筒ですよ。ビジネスメールっぽい感じなので、ご家族と暮らしてる方は「こんなんが届くから捨てないで」って事前に伝えておきましょう。

封筒の内容

オリジナルNuvango作り方
伝票とビジネスカード、そして待望のスキンが入っています。うひゃー、デザインしたそのまんまが印刷されてるよー!

スキンシールを貼ってみる

オリジナルNuvango作り方
台紙からペリペリ~っとはがして、iPod nanoに貼ります。スキンのシールの印刷面はつやつやとした光沢があります。接着面は網目状のテクスチャになっていて、うっすら表側に網目が見える感じ。カメラホール、ホイール、液晶窓に合わせて、空気が入らないように丁寧に貼りつけます。もし失敗しても剥がすのは簡単だし、何度もやり直せるからご安心を。

出来上がり

オリジナルNuvango作り方
じゃーん! 出来上がりです。うふふ。我ながら良くできたわぃ。ホイールの位置もカメラホールの位置もパーフェクト。和風スチームパンクなレトロデザインに変わりました。自分でデザインしただけになおさら嬉しいですね。

多少のズレはご容赦を

オリジナルNuvango作り方
ただ0.3ミリ~1ミリほどスキンが小さい部分がありました。写真の矢印のところです。まあ、私が几帳面だから気になるんであって、このくらいは許容範囲ですね。ものすごーく細部にこだわる方はその点をご理解の上、ご注文くださいませ。それから超高解像度でデザインを作ったとしても、印刷の再現には限界があります。もうちょっと印刷の精度があると嬉しいのですが、これもお値段を考えれば上出来だと思います。

「謹製」って何?

オリジナルNuvango作り方
ついでに。後ろに書いてある「林檎社謹製蓄音機」はもちろん「Apple Inc iPod」をレトロに日本語化したものですが、「謹製」とは何か? 謹製(きんせい)は、「心を込めて、つつしんで作りました」という製造者が用いる言葉です。昭和の初期ぐらいまでの商品(特に機械など)にはよくこの言葉が社名の下に刻まれていました。今ではすっかり使われなくなった言葉ですね。

本来製造者でもなんでもない私が、私に向かって「つつしんで」とはちゃんちゃらおかしいんですが、まっ、パロディとして受け取っていただければと。それから旧字体はこのフォントで表示できなかったので新字体です。

蒸気夫人
関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る