「昭和レトロ自転車(3)」自転車パーツ交換・改造

自転車改造・パーツ交換編。オークションや自転車店でコツコツパーツを集めたんですが、それより大変だったのがカスタマイズを引き受けてくださる自転車店を探しだすことでした。
昭和レトロ自転車

ロッド式ブレーキの自転車

最初に自転車のご紹介です。写真上がカスタマイズ前の私の愛車で、相互自転車(SOGOCYCLE)のサン・クラシック。2年前の2008年に購入しました(現在は売っていません)。

引越しにともない新しく自転車を買うにあたって、一番重視したのが「ロッド式ブレーキ」です。自転車のブレーキシステムは現在いろいろあるのですが、前輪のリムにブレーキシューを押し付けるタイプのロッド式は、昭和レトロ自転車に欠かせない特徴です。昔の実用車に採用されていることが多いです。ブレーキバーを握ると金属棒のロッドがキコキコと動いて、実にカッコ良いんですよ。

現在では入手困難

昭和レトロ自転車
しかしウィキペディアに「2008年を最後に、国内の大手でこの形式のブレーキを備えた自転車を販売するメーカーは無くなった(※)」と書かれているように、ロッド式の自転車は販売されていませんでした。そんな中、普通のシティサイクルでありながら、このロッド式ブレーキを採用しているサン・クラシックに出会った時はとても嬉しかったです。

昭和レトロ自転車としてのルックスだけなら、ブリジストンサイクル株式会社の「ジュピター」が真っ黒なボディでいかにも。でも惜しいことにロッド式じゃなくてワイヤーブレーキ。ロッド式だとウエルビーサイクルの実用車など。

でもほとんど見つからないし見つかっても結構なお値段。生産していない以上、オークションで落札してレストア、業務用の自転車を譲ってもらう(←望み薄)などの方法しかない。それから。私は実用車原理主義ではないし、ブログの趣旨からもはずれるので自転車論はパスさせてください。

私の愛車「黒糖号」

昭和レトロ自転車
この写真は私がロングスカートを自作したときの記事に載せたものです。私のサン・クラシックはクラシカルな籐かごがついていたり、タイヤがブラウンで女性好みなフェミニン自転車。大事に大事に可愛がって2年間乗ってまいりました。

ここ愛知県の子どもは自分のケッタマシーン(名古屋弁でいう「自転車」)に名前をつけることが多いので、私も名前を「黒糖号(こくとうごう)」とつけました。理由は私の大好物が砂糖で、黒と茶色の自転車だから。

自力でフルレストアする達人

昭和レトロ自転車
そろえた自転車のパーツの一部です。最初無知なもので、「自転車のパーツなんてどうやって探したらいいの?」と途方にくれていたんですが、ネットのオークションで結構売ってるんですね。

数百円で買えるようなリフレクタから、自転車まるごと一台まで。腕に覚えのある方の中には、昭和の時代のボロボロの自転車を安く購入して、自分でレストアしてしまう強者も。

私が今回大いに参考にさせていただいた「昭和自転車 Vintage Japanese Bicycles」の管理人様も、素晴らしい技術力でレトロ自転車を蘇らせていらっしゃいます。その様子が動画で紹介されています(「ゴミから宝へ」)。ぜひ見事な腕前をご覧ください。

今回お世話になった自転車店

昭和レトロ自転車
冒頭に書いたようにパーツ集めにも苦労しましたが、それらを取り付けてくださる自転車店を探すのに手こずりました。あまりにあちこちで断られるので、自分で一から勉強してなんとかしようかとも思いましたが、プロの自転車屋さんが難しいということを付け焼刃の私ができるのは大いに疑問。

そんな私のわがままを聞いてくださったのが、名古屋市の「Bicycle Life 夢屋 Style」さんです。もともとアメリカン自転車(ローチャリ、ビーチクルーザー、チョッパーなど)の専門店で、自転車カスタマイズや製作・加工・ペイントまでカバーしている凄腕の自転車店です。

専門外であるレトロ自転車なのに、本当にいろいろと骨を折ってくださいました。みなさん、夢屋スタイルさんは素晴らしいですよっ。大いに宣伝させていただきます。

【1】前カゴ

昭和レトロ自転車
では順番にどこを改造したのか順に見ていきます。前カゴ部分。カゴがあると便利なんですが、せっかくのロッド式ブレーキやクラシカルなライトが見えません。なので取り外しました。

【2】砲弾ライト

昭和レトロ自転車
ライトはシマノ製オートライトから、SANYOの砲弾型ライトに交換。砲弾ライトは見た目がカッコイイだけでなく大きくて明るいので安全です。ダイナモ発電機式。

【3】フェンダ(泥除け)

昭和レトロ自転車
ステンレスのフェンダ(泥除け)を、ツヤブラックのフェンダに交換。このフェンダは夢屋スタイルさんに探してもらいました。

【4】シフタ(変速機)

昭和レトロ自転車
グレーのシフタ(変速機)とケーブルをブラックのものに交換。実はオークションで昔の自転車のシフタを手にいれたのですが、上手くこの自転車に合わずに断念。いっそのこと変速機を取ってしまうという選択もあったのですが、やっぱりあると便利なので。

【5】グリップ(握り)

昭和レトロ自転車
つやつやしたエナメル質のブラウンのグリップ(握り)を、木製のグリップに交換。「昭和自転車 Vintage Japanese Bicycles」様の記事によると、昭和レトロ自転車のグリップはセルロイドが使われていたとのことだったのですが、なかなかぴったりのものが見つからず。

結局木製グリップにしました。でもこれも手のひらにあたる部分にゴムが3本挟み込まれており、手が滑らずがっちりグリップできるので気に入っています。

【6】ペダル

昭和レトロ自転車
もともとついていたペダルは、珍しいブラウンで可愛いのですが、実用車に使われている老舗ペダルメーカ・MKS 三ヶ島のゴム製ペダルに交換しました。これはユーズドでなくて新品。リフレクタがついているものとついていないものがあって、安全性が少し低くなるもののリフレクタなしの方を選びました。

【7】リフレクタ(反射板)

昭和レトロ自転車
リフレクタ(反射板)は昭和初期の気に入ったものが見つかりませんでした。でもリフレクタをつけないのは法律違反なので(※)、サイド部分のグレーのものをブラックに交換しました。

道路交通法第63条の9第2項「赤色又は橙色で、夜間に後方100mの距離から前照灯の反射光が容易に確認できるもの。道路交通法施行規則第9条の4」

【8】後輪リング鍵

昭和レトロ自転車
鍵も昭和初期の良いものが見つからず。でも盗難など考えると、アンティークより現代の丈夫な後輪リング鍵の方が良いかもしれません。グレーをブラックに交換。

【9】リアキャリア(荷台)

昭和レトロ自転車
ごつくて黒々としたリアキャリア(荷台)も昭和レトロ自転車に欠かせない特徴です。でもこれは私の個人的なことですが、2年間荷台を使用することがほとんどなかったし、おしりがすっきりしている方がスタイルが良くて好きなのではずしました。後ろの泥除けもブラックのものに交換しています。

【10】チェーンケース

昭和レトロ自転車
そして最も夢屋サイクルさんの手を煩わせてしまったのがこのフルチェーンケース。最近の自転車はチェーンケースがどんどん小さくなってますよね(まったくついていないモデルもありますし)。でもギアやチェーンを完全に覆っているチェーンケースがあってこそ、昭和レトロ自転車だと思うのです。それにスカート・パンツの裾を巻き込んだり汚したりしないし、チェーンやパーツの汚れを防ぐし。

でもシティサイクルのチェーンに実用車のケースをつけるという無茶をお願いしたので、本当に苦労をかけてしまいました。恐縮しきりなワタクシに「いやー、今回は勉強になりました」と言ってくださった夢屋サイクルのおにーさん、あなたは自転車職人さんの鑑ですよ!(運送費まで割り引いてもらってしまってすみません)

とりあえずパーツ交換終了

昭和レトロ自転車
両立スタンドやチェーンケースのホイルカバー、シフタ、リフレクタなどもう少しカスタマイズしたい部分はあるのですが、一度に全部改造するのは難しいですね。今後またパーツがそろったら交換していくことにします。

ネットの先人の皆様、各自転車店・自転車技術者の皆様──たくさんの方のお力添えでここまでできました。心から感謝しています。自転車改造はまだこれでは終わりません。昭和レトロ自転車に必須のアイテムをいくつか手づくりしたので、このシリーズはもうしばらく続くのです。全体写真は最後の記事のお楽しみに。次回も乞うご期待。

蒸気夫人
関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る