「スチームパンクアビエイター 2」コスプレ用翼の作り方

私が背負っている翼付き飛行機械の制作レポです。関節翼はいろんなコスプレに応用が効くと思います。天使の羽や悪魔の翼とか。この記事がコスプレイヤーの皆様の参考になれば幸いです。
Steampunk Aviator

いくつか改良してみました

まずはレイチェル(rachel)さんによる「Articulated Wing Framework(Instructables)」の記事を御覧ください。とても丁寧に解説されているので、あえて私のレポを載せる必要はないかもですが、いくつか改良した点もありますのでそこんとこを中心に解説いたします。

大きさを3分の2に

Steampunk Aviator
まずは大きさです。レイチェルさんの翼は広げると3メートル近くになります。大きくて迫力があるのですが、コスプレ会場や仮装パレードでは大きすぎて取り回しが難しくなるため、私は3分の2の寸法で作りました。

こちらのページに詳しい寸法が書いてありますので、見てみてください。大きな骨組みは、骨X、骨Y、骨Zの3本、そして棒状の細い骨が2本です。レイチェルさんと同じ寸法で作る方はそのままの長さで。私が作った3分の2の寸法は以下の通り。

骨X:
上の穴から真ん中の穴までの長さ: 20センチ
真ん中の穴から下の穴までの長さ: 10センチ

骨Y:
上の穴から真ん中の穴までの長さ: 30センチ
真ん中の穴から下の穴までの長さ: 10センチ


骨Z:

上の穴から下の穴までの長さ: 10センチ

骨Zはだいたい骨Yと同じ長さになること。

【1】太い骨作り

Steampunk Aviator
さて始めましょう。レイチェルさんはバルサで骨を作っていますが、私は「灰ボール」という厚紙で作りました。これは厚紙を2枚貼りあわせた丈夫なもので、加工もしやすかったからです。骨の形は、穴の寸法さえ合っていればOKなので蝙蝠の羽のような曲線型に設計しました。カットした後、ツヤありの黒のカッティングシートを表面に貼りました。これで雨にも強くなりました。

【2】穴あけ・ハトメ打ち

Steampunk Aviator
設計図通りに穴を10ミリのポンチであけます。穴には同じ大きさのハトメを打ちます。どうせ隠れてしまう部分ですが、一応シルバーでなく、ゴールドの真鍮色を選びました。

【3】細い骨作り

Steampunk Aviator
細い方の骨には直径10ミリの木の丸棒を使いました。この骨の長さは、どのくらい翼を広げるか、どのくらい翼を上向きにするかによって違ってきますので、長めに切っておいて後で調整します。中心に直径10ミリのヒートンをねじ込み、表面にカッティングシートを巻きつけます。

【4】歯車のモチーフ

Steampunk Aviator
スチームパンクっぽくするために、歯車のモチーフをつけました。イラストレータで作成した直径10センチの歯車を印刷して、表面が金色の工作用紙に貼りつけ(スプレーのりが便利)、カッターで切り出します。中央には同じく10ミリのポンチで穴をあけ、ハトメを打ちます。

【5】仮留め・羽の型紙作り

Steampunk Aviator
ボルトとナットで各パーツを仮留めし、細い骨の長さを調整します。骨の形が決まったら、下に紙を敷いて、布の翼の形を決め、型紙を作ります。新聞紙に薄く蝙蝠っぽい羽が描かれているのが分かりますでしょうか。(※後で型紙に描かれた骨の位置を変えました)

【6】布の羽作り

Steampunk Aviator
この型紙通りに布を切ります。今回は19世紀末っぽい素朴なベージュのコットンを使いました。もちろん左右両方を切りだしてくださいね。縁をアイロンで三つ折りにしてミシンで縫い、上の部分は20ミリのバイアステープ(黒)を縫いつけます。

【7】ハトメ打ち・翼の骨

Steampunk Aviator
バイアステープを縫いつけた部分に、ポンチで穴をあけてハトメを打ちます。このハトメは骨に留めるためなので、骨の穴の位置に合わせます。また飾りにもしますので、等間隔に美しくハトメを打ちます。布をピンと張るため直径5ミリの竹ひごをつけます。竹ひごがちょうど収まるように細長いテープ状に布を切って縫いつけます。そこに竹ひごを挿し込みます。

【8】マシン部分作り

Steampunk Aviator
マシン部分にうつります。ここはあんまり詳しく書かない方がいいですね。夢を壊すし。蒸気圧計、冷却ホース、蒸気の噴出管。ビス留めはカシメを利用しました。ピッカピカの金属が重そうに見えますが、実は見た目よりもずいぶん軽く作ってありますよ。

【9】土台作り

Steampunk Aviator
背中に背負う部分の基礎はこちら。100円ショップで購入したワイヤーラックと合皮のベルトです。レイチェルさんは、登山などに使うアルミの背負子を基礎にしていましたね。コスプレイヤーの方々はイベントで長時間背負うことになるので、なるべく軽いものを選んでください。

【10】ライト部分

Steampunk Aviator
やっぱね、ライトは必要ですよ。夜間飛行の時便利だし。私はネットで買った、1個300円のヘッドライトを使いました。針金でワイヤーラックの上部にくくりつけるだけ。LEDなので電池も長く持ちます。横のボタンを押すと、明るさの調節もできる優れものです。

【11】肩ベルト部分

Steampunk Aviator
肩に背負う部分です。自分の体の大きさに合わせてカットし、ワイヤーラックに巻きつけ、ボルト留めします。長さの調節も簡単、はずれることもなくしっかり留められるのでボルトは便利ですね。ちょっと重いのが玉にキズだけど、見た目もゴツくてスチームパンクっぽくなりますよ。マシン部分も一緒にワイヤー、ベルトで固定します。

【12】骨・翼組み立て

Steampunk Aviator
骨組みを、布の翼とともに組み立てます。この時何度か背負ってみて、翼の広がり具合を調節します。

【13】関節部分のボルト・ナット

Steampunk Aviator
ボルトとナットをしっかりと留めてしまうと、関節部分が動かなくなってしまいます。そこで関節が動くようにある程度間隔をあけてナットを締めます。しかし、ワッシャーも挟まず、しっかりナットも最後まで締めずでは、歩いている間にナットが緩んで落っこちて、関節がバラバラになる危険性もあるわけで。

【14】ナットを接着剤で固定

Steampunk Aviator
そこで、接着剤でナットを固定します。こちらの写真だと分かりやすいかな。ナットがそれ以上緩まないように上からホットボンドで接着してあります。背負う肩ベルトのボルト・ナットはワッシャーを入れてしっかり締めきってしまうのですが、関節部分はこんなふうに、間の骨がスルスル動くようにします。

【15】必要な人はクッション作り

Steampunk Aviator
背中に当たる部分です。ランドセルみたいに背負います。ナットはワイヤーネットの向こう側に引っ込んでいるので、背中が痛くなることはありません。ただ長時間背負う場合は、薄く綿を入れたクッションを作って、ワイヤーネットにくくりつけると万全ですね。

【16】ハンドル作り

Steampunk Aviator
これは一番上にある関節部分。レイチェルさんはひじに紐をつけて手の動きと連動させていましたが、私はハンドルを手で持って翼を開閉することにしました。このハンドルも、細めの100円ベルトをカットし、ボルト&ナット留めしてあります。この方法だと、普段は翼を閉じておいて自分の好きな時に広げられます。

【17】翼が自然に閉まる仕組み

Steampunk Aviator
手を離せば自然に翼がパッと閉まるようにしたかったので、ハンドル部分にゴム紐をつけました。髪を結ぶゴムです。歩いている時に翼が広がってしまうことも防ぐので一石二鳥。ビジュアル重視の方は必要ないかもです。こんな感じで閉まりますよ↓。

これであなたもスチームパンクアビエイター!

Steampunk Aviator
飛行機械、完成です! ほとんどの材料は100円ショップやホームセンター、大型文具店でそろいます。東急ハンズなら全部置いてあるかな。お金はそこそこ、時間は結構かかりました。夏休みの工作の宿題みたいなもんを全力で作っている三十路女性もどうかと思いますが、我ながら会心の出来でしたよ。レイチェルさん、ありがとー!

蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る