「エトリッヒ・タウベ」鳩の形のレトロ軍用機

この記事をシェアする

まるで鳥のような形をしているでしょう? これはタウベ(Etrich Taube)という軍用飛行機です。この模型飛行機の製作レポートと共に、タウベについてご紹介します。
エトリッヒ・タウベ

第一次世界大戦時の軍用機

タウベ(Etrich Taube)は第一次世界大戦で活躍した軍用機です。オーストリアの設計者のイゴー・エトリッヒにより1910年(明治43年)に開発されました。見た目が鳩(ドイツ語で”Taube”)に似ているので、そう名付けられました。

スチームパンクは一般的に「第一次世界大戦前まで」の世界観がメインですのでややアウト(そのあたりはディーゼルパンク時代です)。でも鳥のような形状が現代の飛行機にはないノスタルジックな雰囲気を醸していますので、取り上げてみることにしました。

タウベの歴史

エトリッヒ・タウベ
当初はドイツのルンプラー社と契約していたものの、ルンプラ-社はそれを無視して勝手に大量生産。怒ったエトリッヒ社は特許を放棄しました。そのおかげでアルバトロス、アルバース、DFWゴータ、ハルバーシュタット、LVG、ローランド、スタヘルツなど世界中の会社でこの形の飛行機が生産されました。タウベはいろんなバージョンがあるんですが、今回作ったのはエトリッヒのタウベです。

1915年には引退

エトリッヒ・タウベ
タウベは戦争に使われるようになった最初の飛行機です。第一次大戦の初期、ドイツ軍の半分近くがこのタウベでした。青島戦では日本軍の「モ式」と戦っています。ただタウベは飛行安定性はとても良かったのですが運動性が悪かったため、1915年(大正4年)には引退してしまいました。それにしても、平和の「鳩」が戦争に使われるって、なんだか残念な気持ちがしますね……。

模型キットで作ってみよう!

エトリッヒ・タウベ
今回の木製模型はフルスクラッチ(材料を切りだして一から作ること)ではなく、このような模型キットで作りました。日本製で「DOM trading Co.」とはあるものの、パッケージの説明文など全て英語で会社の情報など全く書かれていません。詳しいことはよく分からないのでご存知の方がいらっしゃいましたら情報お伝えください。

白木クラフトの模型飛行機

エトリッヒ・タウベ
ともかく組み立ててみましょう。このような白木の板が4枚入っています。それぞれのパーツは切り込みが入っているので、手で押すと簡単に外れます。あ、でもまだ外さないで。

【1】パーツに番号を書き込む

エトリッヒ・タウベ
中に入っている説明書を見ながら、同じパーツに番号を振ります。鉛筆などで薄く小さく書くと良いです。全部で100パーツ以上ありました。

【2】パーツを取り外す・ペーパーがけ

エトリッヒ・タウベ
パーツを割ってしまわないように丁寧に板から外していきます。細かい部分を親指の爪で押すようにすると簡単に抜けます。どうしてもバリ(木のささくれ)が出ますので、切り口をサンドペーパーできれいに仕上げます。数字が消えないように注意。

【3】パーツを並べる

エトリッヒ・タウベ
パーツを全部外しました。形別に並べておきます。番号の若い順に並べておくと分かりやすいです。ほとんどのパーツに二つ以上数字が入っているのでだいたいでOK。

【4】組み立て

エトリッヒ・タウベ
一番楽しい組立作業に移ります。数字の「1」と「1」、「2」と「2」──のように、同じ数字を機械的に合わせていくだけ。パッケージの写真を参考にしながら時々形を確認します。切り込み部分に乾くと透明になるボンド(木工用ボンドなど)をはみ出さないよう塗って組み立てます。

【5】組み立て終了!

エトリッヒ・タウベ
はい! 組み立て終わり! ここまでは約2時間ほどです。ジグソーパズルやってるみたいで楽しいです。小学生ぐらいのお子さんなら組み立てできると思うので、夏休みの宿題にぴったりですよ。ここで完成でも良いのですが、書斎の雰囲気に合うように塗装とローピングを施します。

【6】塗装1

エトリッヒ・タウベ
塗装は木工用のステインで行います。ステインは色をつけるための塗料です。クラシカルなイメージになるようにマホガニー色を選びました。大量にバケツに入れてジャボンと浸ければ一瞬ですが、私は筆でチマチマ塗りました。ステインも節約できるしね。私はこういうチマチマ作業が大好きなのです。塗り終わったらいったん乾燥。ステインはすぐに乾くので15分ほどおきました。

【7】塗装2

エトリッヒ・タウベ
左からステイン1回塗り、2回塗り、3回塗り、4回塗りです。このへんはお好みでいいのではないでしょうか。私は4回でストップ。木工用ボンドがはみ出ていて、ステインをはじいてしまう時には、同色のアクリル絵の具で塗って修正しておきます。さらに私は上に水性のニス(非光沢)を2度塗りしました。このステイン+ニス塗りでだいたい2時間ぐらいかかりました。

【8】ドリル穴あけ

エトリッヒ・タウベ
つぎはローピング。糸張りです。この部分はちょっと難しいので、お子さんが手こずるようでしたらお父さん、お母さんが手伝ってあげると良いでしょう。設計図を見ながら糸を張る部分を確認し、何本も糸が通る部分にはピンバイスやミニドリルで穴をあけておきます。

【9】ローピング1

エトリッヒ・タウベ
お好きな色の糸(私は普通の木綿糸)を針に通して、ドリルであけた穴に通し、糸を張っていきます。順序は決まっていませんが、なるべく糸を切らずに連続的に張れるように(つまり一筆書きのように)、考えながら糸を通していきます。どこをどの順番で糸を張れば良いか考えるのが一番難しい。でもパズルとしてとても面白いです。

【10】ローピング2

エトリッヒ・タウベ
糸の端はピンセットの先でつまみながら、瞬間接着剤で固定していきます。後でぎりぎりのところで切断しますので、糸の端っこははみ出てしまってかまいません。糸がたるんでいるとカッコ悪いからピンと張れるよう、根気強く接着してください。

【11】仕上げ

エトリッヒ・タウベ
全部糸を貼り終えたらはみ出た糸をハサミやカッターで切ります。せっかく貼った糸を間違って切らないようにご注意を。

完成! 好きな場所に飾ろう

エトリッヒ・タウベ
完成! 糸を張るのに2時間かかりました。合計6時間。休日の趣味の工作としてはぴったりですね。私はテグスをつけて、天井から吊るしていますよ。やっぱ飛行機模型は吊るす展示が一番。ソファに座って天井を眺めると、そこには風に揺れるリリエンタールグライダーとタウベ。いいなあ、空を飛びたいなあ〜。このシリーズで、ライト兄弟のライトフライヤーも購入したのでそのうちレポートしますね♪

リリエンタールグライダー・ドイツ滑空王リリエンタールの空を飛ぶ夢
空を飛ぶことはかつて人類の夢でした。揚力によるグライダー飛行に成功したオットー・リリエンタール、そして彼の発明品であるリリエンタールグライダーについて解説します。


蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る