「テオ・ヤンセンのミニビースト」大人の科学vol.30

キネティックアートとは「物理的に動くアート作品」のこと。テクノロジーとアートが融合した、新しいタイプの芸術作品です。学研『大人の科学』のミニ・ビーストを作ってみました。
テオ・ヤンセンのミニビースト

キネティックアートとは何か?

キネティックアートにおいて、現在最も注目を集めているのが、オランダ人芸術家のテオ・ヤンセン(1948〜)氏です。

風を受けるとまるで生物のように複雑な動きを見せる巨大なストランドビースト。ヤンセン氏は20年ほど前からプラスチックチューブを使って巨大なビーストを作り続けています。カシャカシャと脚を動かして、優雅に移動するビーストをあなたも動画サイトやテレビ番組でご覧になったことがあるのでは?

テオ・ヤンセン氏とストランドビースト


ヤンセン氏の作品をごらんください。これはStrandbeast。まるで生き物のようですね!

学研大人の科学マガジン『テオ・ヤンセンのミニビースト』

テオ・ヤンセンのミニビースト
さて、我らが学研の『大人の科学マガジン』がまたやってくれましたよ!ヤンセン氏のビーストを模型キット『テオ・ヤンセンのミニビースト』(定価3,500円)として発売してくれたんです。スチームパンク趣味の方ならきっとお好きなはず。

動画で見るミニ・ビーストの動き


ミニ・ビーストの動きを見ていただきましょう。風が強い日に庭で撮影しました。地面があまり平坦ではないのに、結構なめらかに動くでしょう? (最後に映っているのは愛犬のシュガー。犬もビーストに興味津々)

【1】ランナーから部品を切り離す

テオ・ヤンセンのミニビースト
ではではキットを組み立ててみましょう。本誌の後ろの方に組み立て方と使い方のページがありますよ。箱の中に袋詰めされた部品がみっしり入っています。ランナーでつながっていますので、丁寧に切り離します。

できればやすりもほしい

テオ・ヤンセンのミニビースト
必要な道具は「はさみ、カッターなど」と書かれていますが、やすりもあった方がきれいに作ることができます。

【2】バリとり

テオ・ヤンセンのミニビースト
ランナーからパキッと部品を折り取ると、赤い矢印のような「バリ」が残ってしまいます。これをやすりで取っておくと出来上がりがより美しくなります。

【3】部品組み立て

テオ・ヤンセンのミニビースト
部品が多いので工作が苦手な人はちょっと尻込みしてしまうかもしれませんね。でも大丈夫。説明書きがとても丁寧だし、たぶん小学校高学年ぐらいの子なら完成させることができると思います。

見た目ほど難しくはない

テオ・ヤンセンのミニビースト
同じパーツをいくつも作るので、最初だけややこしいですが一度要領が得られるとサクサクと組み立てが進みます。ジグソーパズルみたいで楽しい〜!

メカメカしい説明書きも良し

テオ・ヤンセンのミニビースト
あと説明書きにある「クランク」「ロッド」「シャフト」「フレーム」みたいな言葉がメカメカしくて、ワクワクしてきますね。どっちかというとビーストにグッと来るのは男性が多いようですが、こんな素敵メカを男性だけのものにしておくのはもったいない。女性諸君もぜひ挑戦していただきたいです。

【4】完成

テオ・ヤンセンのミニビースト
とかなんとか言ってるうちに完成! 作業時間は1時間半ほどでした。

ミニ・ビーストの手動の動き


ミニ・ビーストは風だけでなく、付属の回転シャフトで動かすことができます。お尻のところにシャフトを挿し込んでクルクル回すと、スピードを自由に調整して動かせます。わっしわっしと脚を動かしているところがなんとも可愛い。生きているみたいですねー。

【5】カスタマイズ

テオ・ヤンセンのミニビースト
ここで完成でも良いけど、『大人の科学マガジン』にはミニビーストの様々な改造方法が載っています。複数個連結させたり、LEDのライトを仕込んだり、ゴム動力や太陽電池で動かしてみたり……。そこで私は簡単にスチームパンクなゴールドの羽をつけてみました。

【6】真鍮の針金で羽を作る

テオ・ヤンセンのミニビースト
真鍮の針金をラジオペンチで曲げて、関節部分に差し込みます。針金はあとで取ることもできるようにマスキングテープで脚に巻きつけます。針金はすべて同じ角度に曲げて、他の脚や関節に接触しないようにします。切り抜いたメタリックペーパーをセロテープで針金に接着してできあがり。

ちょっとだけスチームパンク?


扇子であおいで風をあててみました。室内で撮影しましたが、太陽の元で歩かせるとキラキラと光を反射してきれいですよ。いろいろとカスタマイズしてみて、あなただけのミニ・ビーストにカスタマイズしてみてくださいね。

頭脳を持つまでに進化

テオ・ヤンセンのミニビースト
ヤンセン氏のビーストはこの20年でどんどん進化し、今や地面に垂れたホース(ウレタンチューブ)の感触器で水を察知して方向転換する「考えるビースト」になっています。なんと過去に水を感知した記憶を用いて、水際前でストップすることもできるといいます。予測もできるなんてすごい!ミニ・ビーストを「可愛いなあ」「けなげだなあ」と思うのは私だけではないはず。機械を愛でる心がある方にぜひお勧めしたいメカです。

蒸気夫人
関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る