「Steampunk iPhone1」歯車と木のiPhoneケース

マホガニーと真鍮の歯車でできたiPhone。ハイテクでありながらローテクなデザイン。塗装したiPhoneのケースをかぶせただけなので、写真撮影や充電にも不自由はありません。
Steampunk iPhone

タオバオで購入したSwitchEasy?

Steampunk iPhone
これは市販のiPhoneケースを私が塗装、改造したものです。前回の記事で紹介した中国の通販サイトタオバオで購入しました。

「タオバオの使い方」アンティークグッズを求めて
淘宝(タオバオ)はアジア最大の中国通販サイト。その魅力は値段の安さと一風変わったグッズを販売していること。今回はご参考までにタオバオの使い方を書いておきます。

一手間加えてカスタマイズ

Steampunk iPhone
もとのパチモンケース。本物のSwitchEasyはポリカーボネート製。フレームと蓋でiPhone本体をサンドイッチする構造なのですが、このケースは単なるプラスチックでカポッとiPhoneにはめるだけのイージー設計。しかしそのままそっくり型をコピーしたものらしく、デザインは瓜二つです。お安いし失敗してもあきらめがつくので、一手間加えてカスタマイズしてみることにしました。偽ブランドの是非についての議論はこのブログの趣旨からは外れるので割愛。

【1】マスキング→ゴールド塗装→マスキング

Steampunk iPhone
まずは塗装しない裏側にびっしりマスキングテープをはります。iPhoneケースはぴったりに作られているので、裏側も塗ってしまうとはまらなくなってしまいます。塗装は必ず表側だけにすること。割り箸で持ち手をつけておくと作業が楽です。下地剤を吹いて、メタリックゴールドのラッカーで塗装します。そして金色の歯車として残しておく部分以外をマスキングします。

【2】木目塗装1

Steampunk iPhone
ここからは「木目塗装の方法・プラスチックをマホガニーに」という記事に詳しく解説しましたので参考にしてください。最初に黄色のラッカーを吹き、次に黒色のエナメル塗料で木目を描きます。

「木目塗装の方法」プラスチックをマホガニーに
この玉子は実は透明なプラスチックカプセルを、柾目や杢、こぶ模様など、木目模様で塗装したものです。スチームパンクDIYに欠かせないテクニック「木目塗装」について解説します。

【3】木目塗装2

Steampunk iPhone
ウレタンニスのマホガニーを何度か吹きつけます。今回は3回吹きました。飴色の美しい木目が浮かび上がって来ました。その上から透明ニスを一度吹きつけます。

【4】マスキングをはがす

Steampunk iPhone
デザインカッターできれいに切り抜きつつマスキングテープを剥がします。そのまま乱暴にはがすと塗料ごと剥げてしまうことがあるのでご注意を。金色の歯車の部分は無事にそのまま残っていますね。

【5】汚し・立体感を出すペイント

Steampunk iPhone
そのままだとのっぺりしていてリアルではないので、立体感を出すための汚し(ウェザリング)を施します。使用したのはアクリル絵の具。溝にそって濃い色を入れたり、歯車の溝に影を描いていきます。光っているようにホワイトを入れてみてもよいでしょう。

【6】金属パーツを加える

Steampunk iPhone
しかしいくら絵の具で丁寧に描いても所詮は塗料なので今ひとつメカメカしさに欠けます。そこでハトメやカシメなどの金属パーツを加えることにしました。ルーターのドリルで穴をあけ、そこに金属パーツをはめ込みます。裏側に金具が出ないように切断したり、金槌で叩いて平面的にしておきます。接着は透明ボンドで。金属光沢があると一気に機械っぽさが増します。

【7】金文字を入れる

Steampunk iPhone
以前作ったiPod nanoのカバーと同じく「林檎社(アップル)謹製」をこちらにも入れることにしました。「林檎社謹製携帯電話機」。漢字って美しいですね。レーザープリンタ用の透明シール用紙にプリントアウトして、スタンピングリーフで金文字化しました。スタンピングリーフについては「箔押し・金文字の方法・スタンピングリーフの使い方」に書きましたので参考にしてください。

「オリジナルNuvango」スチームパンクiPod(前編)
iPod nano 第五世代 16GBモデル。スチームパンクな風情でしょう? 手軽にできる自作スキンシール「Nuvango(※)」で、iPodカスタマイズをしてみます。
「箔押し・金文字の方法」スタンピングリーフの使い方
スタンピングリーフを使って、全体にバラの箔押し模様をつけてみました。100円のバインダーをアンティーク風に改造。ブラウンのレザー(合皮)に金のバラ模様が箔押しされています。

【8】ニスで仕上げ

Steampunk iPhone
仕上げに水性ニスなど塗っておくと汚れにも強くなってよいでしょう。iPhoneにもパチッと上手くかぶせることができました(ちゃんと取り外すこともできます)。乾燥の時間も含めて3日ほどでで完成。ゴツゴツとした重厚なスチームパンクメカになりました。真鍮の歯車がきらめきます。

ごめんiPhone持ってないんだ

Steampunk iPhone
でもごめんなさい。正直申しますとMac信者でありながら、私はiPhoneをもっていません。これは写真撮影のために借りたもの。いやだってさ、今持っている古い携帯の電話帳には4人(家族)しか登録してないんだもん。

(2012/03/16追記)本日03月16日の発表で、Yahoo!チャイナモールは、2012年5月17日(木)をもってサービスを終了しました。
蒸気夫人
関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る