スチームパンクイヤーマフ・機械式防音装置「静寂閑雅」で騒音をカット

これなる発明品は過日、蒸気社より発売されし、機械式防音装置・静寂閑雅(せいじゃくかんが)であります。被ればたちまちその静かなる事、あたかも深き森の中独り佇むがごとし。
Steampunk Hearing Protector

只今各所にて評判々々。「日々の騒音にお悩みの皆々様に是非ともお勧めいたします」とは購入者、五十嵐麻理夫人の弁。

スチームパンク風に改造

Steampunk Hearing Protector
今回はイヤーマフを蒸気社謹製の「静寂閑雅」としてスチームパンク風に改造してみました。イヤーマフは一見ヘッドフォンのように見えますが、機能はヘッドフォンと逆です。大きな音を和らげるための防音保護具です。主に工事現場や飛行場、射撃場などで使われますが、騒音に悩まされている方にとっても便利なグッズです。

騒音を和らげるイヤーマフ

Steampunk Hearing Protector
イヤーマフは自動車や電車の音、ご近所のイヌの鳴き声、掃除機の音、子どもの騒ぐ声──などの騒音対策に威力を発揮します。静かな環境で勉強したい方、眠りたい方には最適なアイテム。

どのくらい静かになるのかはNRR値(※)で表されます。このイヤーマフのNRR値は30db。たとえば新幹線の車内は70dbほど。イヤーマフをつけると70db-30dbで40dbになり、静かなささやき声ぐらいの音になります。

Noise Reduction Rating (ノイズ減少率)の略。数値が高いほど遮音性が高くなる。

聴覚過敏の方の必需品

Steampunk Hearing Protector
私は子どもの頃から大きな音が怖く、特にクルマの中など閉鎖的空間で大きな音が鳴っているのが苦手でした。大人になってだいぶ慣れましたが、レストランや書店などで無関係な音楽がかかっていると思考が乱されてまともに考えることができなくなってしまいます。

このような聴覚過敏の症状は自閉症の方に多くみられ、騒音に恐怖を感じたりパニックに陥ってしまうこともあります。イヤーマフは騒音を抑えることができるため、聴覚過敏にお悩みの方にとって大変役立つのです。

耳栓と併用すれば完全な防音状態に

Steampunk Hearing Protector
外出するときには必ず耳栓を持参しているのですが、防音性の点ではイヤーマフの方が優れています。イヤーマフは安全性を考慮して人の声は通り易くなっていますが、耳栓プラスイヤーマフならかなりの音をカットできます。

スチームパンクイヤーマフ「静寂閑雅」

Steampunk Hearing Protector
いつも家ではイヤーマフを愛用していますので、どうせならとスチームパンク風に改造し、「静かでひっそりとしていて、みやびやかな風情のあるさま」という意味がある「静寂閑雅」と名付けてみました。

PELTORのH10A

Steampunk Hearing Protector
元になっているのはこちらのイヤーマフ、H10A。PELTOR(ペルター)のものです。重さは265グラム。NRR値は30db。Bilsom(ビルソム)社のものと迷ったのですが、アメリカのAmazonで評価が高かったので購入しました。銃大国のアメリカで売れているのなら間違いないでしょう。

【1】材料を選ぶ

Steampunk Hearing Protector
スチームパンクなテイストにするには、オーバーエンジニアリングにすること。つまりボタンやらスイッチやらゴタゴタと無駄に付加価値がついているってことですね。材料は100円ショップで購入したグッズです。自転車の反射板が使えそうですね。台所用品をくっつけても面白いかも。この手のパーツは普段の買い物ついでにちょこちょこ買っておくといいですよ。

【2】サンドペーパーで表面を荒らす

Steampunk Hearing Protector
塗料がつきやすいように表面をサンドペーパーで荒らしておきます。PELTORというロゴが浮き彫りになっているので削ります。

【3】パーツをポリパテでつける

Steampunk Hearing Protector
自転車の反射板をライトの代わりに取り付けます。接着剤でくっつけておいてからタミヤのポリパテで周りを盛ります。一度に盛ると内側の部分が乾燥しませんので、ちょこっとずつ乾いては盛り、乾いては盛りします。完全に硬化したらサンドペーパーで削って表面をなだらかにします。

【4】パーツ作り

Steampunk Hearing Protector
ボタンやビスに使えそうなパーツを選びます。今回はナットをボタンがわりに、カシメをビスとして使います。カシメは足の部分が邪魔ですのでハンマーで叩いて足を潰しておきます。

【5】脱脂・マスキング・サーフェイサー

Steampunk Hearing Protector
塗装に移ります。ここからの工程は以下の記事に詳しく書きましたので、ご参考までに。まずはサーフェサー(下地塗料)を吹きます。塗装する部分以外のところはマスキングテープで保護します。アルコールで手の油などをよく拭いておくこと(脱脂)。白いペースを吹いて真っ白になりました。

プラスチックがマホガニーに!? 簡単にできる木目塗装の方法
宝箱に入っている玉子は透明なプラスチックカプセルを柾目や杢、こぶ模様などの木目を塗装したものです。スチームパンクDIYに欠かせないテクニック木目塗装について解説いたします。

【6】パーツの塗装

Steampunk Hearing Protector
ボタンやビスを金色に塗装します。このような細かいパーツの塗装は、ガムテープに貼りつけて一度に塗ると楽ですよ。金属用のサーフェサーを吹いたあと、ゴールドのラッカースプレーで塗装します。

【7】第一塗装・イエロー&第二塗装・木目模様

Steampunk Hearing Protector
黄色のラッカースプレーを吹き、よく乾燥させます。その後黒のエナメル塗料スポンジでポンポンとランダムにつけます。薄め液でエナメル塗料の濃さを変えて塗るとリアルです。再び乾燥させます。

【8】第三塗装・マホガニー色&透明ニス

Steampunk Hearing Protector
マホガニーのウレタンニスを吹きます。そして乾燥。マホガニーの木目をしっかり出したいので3回ほどくりかえすと、きれいな飴色になりました。乾燥後、透明ウレタンニスを吹いてツヤを出します。

【9】第四塗装・ゴールド&パーツ接着

Steampunk Hearing Protector
木目や耳にあたる部分をマスキングテープで覆って、その他の部分を金色のラッカースプレーで塗装します。乾いたらボタンなどのパーツを接着剤でつけていきます。写真はビス止めしてあるようにハトメを等間隔に接着しているところ。結構リアルでしょう?

【10】金文字入れ

Steampunk Hearing Protector
金色の文字を入れます。レーザープリンター用の透明シール用紙に文字を印刷し、スタンピングリーフで金色の文字にします。スタンピングリーフはこのブログではもう何回も出てきているおなじみの素材です。

【10】金文字入れ2

Steampunk Hearing Protector
スタンピングリーフは以下の記事でその仕組みや使い方をご説明したのでここでは省略します。切り抜いた金文字シールを表面に貼ります。この時点ではシールの縁がうっすらと見えてみ待っている状態です。

スタンピングリーフの仕組みと使い方・金色の薔薇模様を入れてみた
キラキラした箔押しを入れたい時に活躍するのがスタンピングリーフです。スタンピングリーフを使ってバインダーに金色の模様をを入れました。仕組みと使い方のハウツーを解説します。

【11】透明ニス

Steampunk Hearing Protector
シールの上から透明ニスを塗ると、シールの縁が目立たなくなりますよ。製品名「静寂閑雅」の上には「蒸気社謹製」の文字。蒸気社はこの手のスチームパンクガジェットを発売している架空の会社です。キーボードや昭和レトロ自転車もそうですが、改造スチームパンクグッズにはなるべく日本語を入れたいと思っているのです。

Mac純正キーボードをスチームパンクキーボードに3(修正編)
全てのパーツを組み立て直してスチームパンクキーボードは一応の完成となったわけですが、その後いくつか不具合が発生いたしました。その不具合と修正方法を記事にしておきます。
黒糖号完成!『銀輪は唄う』「昭和レトロ自転車改造記【7】」
完成した私の昭和レトロ自転車「黒糖号」をご披露いたします。天国のグランマー、見てるーっ? 格好だけでもおばあちゃんみたいになれたかなー? 自転車大改造記もこれにて大団円です。

【12】ウェザリング

Steampunk Hearing Protector
ウェザリング(風化・汚し塗装)を入れます。エナメル塗料やアクリル塗料で、ボタンやビスの溝・境い目(写真矢印の部分)に汚しを入れると、古めかしく重々しいイメージになってリアルに見えるのです。ピカピカの新品っぽくしたい場合はする必要はありませんが、ちょっとウェザリングをしておくと使い込んだ感じで味が出ると思います。

【13】ベルベット生地をヘッドパットに

Steampunk Hearing Protector
ヘッドパットの部分は味気ないビニールだったので、クラシカルなベルベット調に変更することにしました。昭和レトロ自転車のベルベット風フレームカバーで使ったハイミロン生地が余っていたので、くるむようにして縫ってみました。中にキルト芯(綿)も入れ込んだのでフカフカ。かぶり心地もよくなった気がします。

ベルベット風のフレームカバーを自作「昭和レトロ自転車改造記【6】」
自転車フレームに巻き付いている布はフレームカバーといいます。これもエンブレムや風切りとともに現代の自転車からは姿を消してしまいました。今回はフレームカバーのDIYです。

【14】完成

Steampunk Hearing Protector
ようやく完成しました。塗装の乾燥時間があったので制作期間は1週間ほど。家事をするときだけでなく、勉強中や原稿書いたりするときにも愛用しています。なるべく軽くする努力はしたものの、300グラムほど重さがあるので長時間には向いてないかも。でも寝るときにイヤーマフをつけている方もいらっしゃるので、慣れなのかもしれませんね。

蒸気夫人

関連商品・参考文献

材料

※情報修正2017年06月

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る