「スチームパンクヘッドフォンスタンド」 意外なモノでDIY

皆様ヘッドフォンの置き場所はどうしていますか? インテリアに合うヘッドフォンスタンドがほしくなったのですが、市販品に良い物がなかったのでヘッドフォンスタンドを作りました。
ヘッドフォンスタンド

ヘッドフォンどこに置いていますか?

あなたはまさか床に直置きなんてしてませんよね? 衛生的にあまりお勧めできませんし、高価なヘッドフォンを蹴飛ばしたりしたら泣くに泣けません。かと言って机の上に置くのも邪魔……。ヘッドフォンの置き場所って困りますよね。

でもヘッドフォンをかけておくスタンドは、売られているヘッドフォンの数にくらべてはるかに少なく、デザインも限られています。そして高い。バナナハンガーを使っている方もいらっしゃるようですが、どうも私の書斎には合いません。せっかくスチームパンクなヘッドフォンとイヤーマフなんだから、もっとアンティークな雰囲気のものが欲しいのになあ。

アンティークスタンドをDIY

ヘッドフォンスタンド
売ってなければ、作ればよかろう! とヘッドフォンスタンド作りにとりかかりました。アンティークなライティングビューロー(パソコン机)に良く似合う、赤いベルベットと真鍮、木のヘッドフォンスタンドです。かけたり外したりも簡単。これでもう置き場所にも悩みません。

レトロかつ機能的

ヘッドフォンスタンド
机周りだとゴタゴタして見にくいので、別の場所に移してシンプルなヘッドフォンをかけてみました。フカフカのクッションが入ったベルベットはヘッドパットを傷つけることもありません。木製のネジをギュッとしめると真鍮棒から滑ることなくクッション部分が固定されます。好きな高さに調節できるのが便利。ところで皆様、元になっている土台は何か分かりますか?

実験器具を土台に

ヘッドフォンスタンド
正解はこちら。昔学校の理科室で見かけたことがあるはずですよ。これは漏斗台(ろうとだい)。漏斗はじょうごの形をしていて液体や粉末を口の小さい瓶や管に通すための実験器具です。漏斗台は漏斗を固定するためのもの。右の写真は「マッドサイエンティスト的実験室 手作りライティング」の記事で書いた私の書斎の洗面所。顔を洗っているときに漏斗台を見てこれだ!とひらめきました。

照明でお部屋が劇的に変わる!マッドサイエンティスト的な明かり
怪しく光る書斎の一角にある洗面台。実験道具や鉱物・標本のコレクションを並べ、緑色の照明を追加してマッドサイエンスな実験室の雰囲気に変えてみました。手作り照明の設置法です。

【1】材料

ヘッドフォンスタンド
早速作ってみましょう。材料はこんな感じ。漏斗台は東急ハンズで手に入れました。木製の組み立て式。他に飾り台と真鍮棒を購入しました。

【2】木の支柱を真鍮に変更

ヘッドフォンスタンド
スチームパンクっぽさを出すために支柱は同じ直径の真鍮に取り替えることにしました。適当な長さに切って、木製の飾り台に同じ大きさの穴をあけます。飾り台は「骨格標本・手羽先編キッチンで作る標本1」で使ったのと同じもの。同じくハンズで手に入ります。

ポリデントにパイプユニッシュ!キッチンで作る骨格標本1(手羽先編)
スチームパンクな部屋、理科趣味に欠かせない動物の骨格標本。今回は簡単な骨格標本の作り方をご紹介。美味しい手羽先を食べたらレッツ骨格標本。夏休みの工作の宿題にも最適です。

【3】足をつける

ヘッドフォンスタンド
元々の漏斗台には足がついていませんでしたがあったほうがカッコいい。東急ハンズをぶらぶらしていて見つけた木製のつまみ(かな?)を取り付けることにしました。単に接着剤でつけただけだと取れやすいので、中に芯を入れます。ドリルで穴を開けて中に釘を入れ接着剤で固定。接着剤をつけた足をハンマーで打ち付けます。これで横側からの力に強くなりました。

【4】真鍮の支柱を接着

ヘッドフォンスタンド
飾り台に真鍮棒を通し、土台に接着します。飾り台をつけた理由は真鍮棒だけだと弱いから。棒を垂直に立てるためでもありますが、飾りとしても良い効果を生みました。

【5】塗装(ステイン)

ヘッドフォンスタンド
塗装します。塗装方法はラッカーでもなんでも良いのですが、今回は木目を活かすために木部着色剤(ステイン)を筆塗りすることにしました。3回ほど塗り重ねると綺麗なこげ茶色になりました。

【6】塗装(ニス)

ヘッドフォンスタンド
乾燥させたら木工作用の水性ニスを筆塗りします。ツヤが出ますし、汚れにくくなりますよ。2回ほど塗り重ねました。

【7】組立て

ヘッドフォンスタンド
漏斗を乗せる羽の部分も同じように塗装します。すべて乾燥したら組立てます。

【8】クッション作り1

ヘッドフォンスタンド
クッション部分を作ります。「椅子の模様替え(1) DIYで椅子の張替え」で使ったベルベット生地の余りを使いました。厚みがあって縫いにくいのですが、見た目がゴージャスになるので使用。こんな風に袋状にミシン縫いします。

DIYで椅子の張替えに挑戦! オットマンをクラシカルな真紅に
ネオヴィクトリアンな椅子の色は、個人的には重厚な赤、または深い緑色かと思います。書斎で愛用しているオットマンを自分で貼り替えてみました。イメージががらりと変わりますよ。

【9】クッション作り2

ヘッドフォンスタンド
漏斗台の羽の部分にタッカー(大きいホチキスみたいなもの)で袋にしたベルベット生地を留めます。中に綿をつめます。羽の形に切ったボール紙に一回り大きめに切ったベルベット生地を接着。綿を入れたベルベット袋にフタをするような形で縫いとめます。

【10】カシメで鋲留め

ヘッドフォンスタンド
上部の袋と下部のフタの間に、足の長いゴールドのカシメを接着剤でつけていきます。鋲(びょう)留めしたみたいに見えてアンティーク感が増します。

赤と金の組み合わせ

ヘッドフォンスタンド
クッション部分をぐるりとカシメ接着。赤色と金色の組み合わせって美しいですね。

【11】レザークッション1

ヘッドフォンスタンド
ついでなので別バージョンのヘッドフォンスタンドも作ってみます。直径7センチほどの発泡スチロール柱を用意します。下4分の1をカットし、漏斗台の羽にちょうど乗る長さに切断します。「椅子の模様替え(1) DIYで椅子の張替え」で残っていた椅子用のウレタンクッションを上部に巻いて接着します。

DIYで椅子の張替えに挑戦! オットマンをクラシカルな真紅に
ネオヴィクトリアンな椅子の色は、個人的には重厚な赤、または深い緑色かと思います。書斎で愛用しているオットマンを自分で貼り替えてみました。イメージががらりと変わりますよ。

【12】レザークッション2

ヘッドフォンスタンド
合皮の布をぐるりと巻きつけて端を縫い縮めます。この布は「アンティークな本作り 目指せ洋書革装丁の図書室」で表紙として使った合皮の余りです。ポリエステルで作られているので耐久性があり、革そっくりのテクスチャで見た目も良く気に入っています。なんか余り物ばかり使ってますが、材料を無駄なく使用するエコ工作ってことで勘弁。

「アンティークな本作り」目指せ洋書革装丁の図書室
私の愛読書をアンティーク装丁してみました。私の本に関する夢は蔵書をデジタル化して電脳図書館を作ること、お気に入りの本に革張りの装丁を施すこと、個人の図書室を作ることです。

【13】レザークッション31

ヘッドフォンスタンド
ボール紙をスチロール+ウレタンの側面の大きさに切り、一回り大きく合皮の布を切ります。手縫いでクッション部分にフタをするように縫いつけます。クッションの下側も同じように作った合皮+ボール紙のフタを接着します。

【14】カシメで鋲留め

ヘッドフォンスタンド
千枚通しで等間隔に布に穴をあけます。足の長いカシメに接着剤をつけて穴にさしこんでいきます。赤&金もいいけど、茶&金も相性が良いですね。

【15】細部の仕上げ

ヘッドフォンスタンド
木のネジの部分にマイナスのビスをつけてみました。また真鍮棒の上部は切りっぱなしだと味気ないから、直径と同じ大きさのカシメを接着しました。細かいところも丁寧に仕上げます。飾りとしてリリアンで作った赤のタッセルをネジのところにかけます。

【16】完成

ヘッドフォンスタンド
完成! ベルベットバージョンとレザーバージョンの2種類。制作期間は塗装や接着剤の乾燥時間があったので2日。一番大変だったのはクッションを縫う部分でした。どちらの布も硬くて縫いにくいんですよね。

スチームパンクヘッドフォンスタンド

ヘッドフォンスタンド
漏斗台を選んで良かった点は高さ調節できることです。下に置いたものとヘッドフォンが干渉しないのでごちゃごちゃしません。ネジをしめておけばクッション部分が下がってくることもありません。

普段はこんな感じにデスクの横に置いています。片方は音を聞こえなくするイヤーマフ、片方は音を聞くためのヘッドフォン。正反対の用途ですが仲良く並んでおります。スチームパンクなインテリアによく調和していますよ。




蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る