モラン大佐の銃・スチームパンクライフルの作り方

スチームパンクライフルを作ってみました。ウィンチェスターをベースに、リベット留めされたライフルスコープ、アラベスク模様、先込め式の銃フリントロックでレトロに仕上げました。
Steampunk Rifle

きわめて独創的なすばらしい武器だ。音はしないし、おそろしく強力だし。故モリアーティ教授が、フォン・ヘルダーという盲目のドイツ人技術者につくらせたものだな。前から存在を知ってはいたが、実物を手にとって見るのは初めてだ。

『空き家の冒険』光文社文庫 P38

ライフルにフリントロック?

Steampunk Rifle
デザインを元にしたのは、私の愛銃・ウィンチェスターライフル。機関部は歯車で飾り付けたキラッキラのゴールド。リベット留めされたライフルスコープ、引き金も金色。でもフリントロック(鳥頭と打ち金)がついているのはなぜか?

フリントロックは17世紀から200年続いた、先込め式の銃です。『魔法少女まどか☆マギカ』の巴マミちゃんのマスケット銃が有名ですね。でも女海賊の銃ですからいちいち弾込めなんてやってられません。弾薬底の雷管を持つライフル弾を詰めて使うのだから火打ちのフリントロックはいったい何のためにって思われるでしょうね。

モラン大佐の空気銃

Steampunk Rifle
私はジェレミー・ブレット主演のドラマ『シャーロック・ホームズの冒険』が大好きです。その14話「空き家の怪事件」にモラン大佐が使用する美しい空気銃が登場するのです。その特徴は銃床に埋め込まれたタンク。このアイデアを拝借しました。

タンクの圧縮ガスをフリントロックで発火させ、ライフル弾を火薬とガスの力で吹っ飛ばすのです。だから普通のライフルの何倍もの飛距離があるという設定。中二病の私はこういう武器の設定を考えるのが好きなのです。

高性能スコープにレーザーライト

Steampunk Rifle
そして長距離にいる敵を撃つために、高性能のスコープも設置しました。遠くの的もくっきりと見えるんですよ。スコープにはレーザーサイトもついています。ホントは赤色のレーザーポインタを組み込もうと思ったんですが、誤って人の目に光が入ってしまわないようにLEDでぼんやり青く光るようにしました。

エレガントなデザインは女性向き

Steampunk Rifle
そして一番力を入れたのが「エレガント」に見えるようにすること。女性が使う銃ですからね。無骨でシャビーなスチームパンクは似合いません。優美で繊細なデザインにしようと思い、木製部分には金色のアラベスク模様を入れました。スチームガーデンのテーマの「ペルシャの海賊」にもピッタリではないでしょうか。

【1】おもちゃの銃を分解

Steampunk Rifle
さてでは作り方です。玩具の銃を3種類集めました。水鉄砲と、フリントロックのついた昔風の短銃(短筒)、ライフル銃です。パーツをフルスクラッチする時間はなかったので、玩具の銃を分解してパーツ取りしました。

【2】型紙作り

Steampunk Rifle
モデルにするウィンチェスター、M86Wの形を大きな紙に写し取り、各パーツを置きながら細かく修正をします。水鉄砲のタンクを銃床に組み込むため、実物のウィンチェスターよりちょっと大きめになりました。

【3】スタイロフォームを加工

Steampunk Rifle
足りない部分をスタイロフォームで作ります。スタイロフォームはホームセンターなどで売っている、密度が高いスチロール材です。軽くて、カッターなどでさくさく切れるので、こういう造形物には欠かせない材料です。型紙の通りにマジックで写しとり、カッターで余分な部分を削いでいきます。

【4】表面を削る

Steampunk Rifle
スタイロフォームは発泡スチロールと違って、サンドペーパーで削ることができます。表面がなだらかになるように80番ぐらいのサンドペーパーで整えます。猛烈に粉が飛ぶので、周りを養生して汚れても良い格好で。掃除機を用意してから作業しましょう。

【5】ジョイントを組み込む

Steampunk Rifle
モラン大佐の銃のように、分解して持ち運べるよう塩ビパイプジョイントを組み込んでスタイロフォームと接着します。バレル(銃身)部分は塩ビパイプと角材を使用。他に足りないパーツは、厚紙で作りました。

【6】はりこ作業

Steampunk Rifle
スタイロフォームは加工が楽な分もろいです。パッキリ簡単に折れたりしますから丈夫にするために和紙で表面をコーティングします。日本の伝統工芸「はりこ」の技術を応用しましょう。和紙は障子紙を細かく破って使います。水で溶いた木工用ボンドを筆で塗って、土台に貼っていきます。

【7】はりこ作業2

Steampunk Rifle
1層だけ貼ったら一度乾かして、2層目を塗り重ねます。絶対に一度に何層も貼り重ねてはいけません。下の方が乾かないままになってしまうからです。よって1日に2層〜3層ぐらいしか貼れません。だいたい10層ほど貼り重ねると固く丈夫になります。

【8】粘土でコーティング

Steampunk Rifle
次に粘土で表面をコーティングします。使うのは「木のネンド」という商品です。木の粉が袋詰めされて東急ハンズなどで売っています。仕上がりが本物の木のように固くなりますので、木材のように見せたい時重宝します。

【9】表面をならして乾燥

Steampunk Rifle
水でどろどろに木のネンドを溶かして、ヘラで薄く塗りつけます。厚みは5ミリ以下にします。表面をならして乾燥させます。

【10】表面をサンドペーパーがけ

Steampunk Rifle
サンドペーパーで表面をこすって、ツルツルになるようにします。80番→240番→400番とサンドペーパーを交換して仕上げます。

【11】ジェッソを塗る

Steampunk Rifle
表面にリキテックスのジェッソを塗ります。ジェッソは塗装の下地剤です。白いものと黒いものがありますが金色にしたい時は黒い方が発色が良いようです。

【12】2度塗り

Steampunk Rifle
全体を塗りました。乾燥させてから二度塗りします。

【13】表面を整える

Steampunk Rifle
表面を400番のサンドペーパーでこすります。平面をこする場合は必ず当て木をしてください。私はサンドペーパー専用のゴムの当て木を使っていますが、角材の破片で構いません。

【14】木目塗装

Steampunk Rifle
木目塗装をします。この方法は『ネオ・ヴィクトリアンスタイルDIYブック』に詳しく書きましたので割愛します。

【15】金模様を入れる

Steampunk Rifle
木目部分にアラベスクの金模様を入れます。この方法も『ネオ・ヴィクトリアンスタイルDIYブック』に詳しく書きましたので割愛します。(目指せ増版←宣伝)

【16】ニス塗り

Steampunk Rifle
上からウレタン系のニスを吹きます。ツヤッツヤにしたい方はツヤありのニスを3回塗り重ね。私は使い慣れた感じを出したかったので、1度塗りした後につや消しのニスを吹きました。

【17】歯車パーツでデザイン

Steampunk Rifle
スコープ、タンク、機関部のデザインをします。歯車のパーツをビスや接着剤でとめたり、カシメをリベット留めのように接着します。フリントロックもネジ止めしました。

【18】ゴールド塗装

Steampunk Rifle
木目部分をマスキングして、下地剤を吹き、各パーツをゴールドのラッカースプレーで塗装します。私がおすすめする下地材は「ミッチャクロン」です。塗料の定着がかなりいいですよ。

【19】シルバー塗装

Steampunk Rifle
バレル部分は金色にするとウソっぽいので、銀色に塗りました。だって真鍮や金だと衝撃に堪えられないもんね。

【20】ウェザリングで完成

Steampunk Rifle
ところどころにウェザリング(汚し)をアクリル絵の具で入れます。銃床と銃身にはライフルベルトを引っ掛けるための金具もつけました。ようやく完成です!

我が家の武器コレクション

Steampunk Rifle
我が家・蒸気邸の壁に飾ってみました。こういう銃を飾るためのガンホルダーもネットで購入できるのだから便利な世の中になりましたね。私の武器コレクションがまたひとつ増えて顔がにやけます。今度はブルウィップとか2丁拳銃とか作ろうかしら。

なんでも質問してねっ!

Steampunk Rifle
工作系のスチームパンカーさんの参考になれば嬉しいです。スチームガーデンではぜひ声をかけてくださいね。塗装法やパーツの入手などできるかぎり質問にもお答えしますよ☆

材料・道具
蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る