ミニ工作「スチームパンクコースター」で基本材料ご紹介

今回は100円ショップのコースターを教材に、私がスチームパンク工作をする時の基本技、良く使う材料の商品名をご紹介します。ネオヴィクトリアンなデザインにリメイクします。
手作りコースター

スチームパンクな部屋を作るのは、数ヶ月単位、数年〜数十年単位で考えなくてはなりません。自分が気に入ったものを厳選して購入したり手作りするために、どうしても時間がかかってしまうのです。モノづくりは最初は簡単な工作から、少しずつレベルアップしてゆくのが良いでしょう。「千里の道も一歩から」。気長に楽しみながら続けるのがコツです。

【1】土台になるコースターに印付け

手作りコースター
100円ショップの「セリア」でこんなコースターを購入しました。セリアは質の良い工作材料が手に入るので重宝しています。こちらを土台にちょっと手を加えてみましょう。まずはコースターの周りの部分に等間隔に印をつけます。

【2】穴あけ、カシメ接着

手作りコースター
ドリルで穴をあけて、カシメを接着します。カシメはネットショップや革工芸の材料を打っている手芸品店で手に入ります。

【3】下地材、ゴールドラッカースプレー

手作りコースター
下地材を吹いたあとに、ゴールドのラッカースプレーで塗装。下地材は「ミッチャクロン」というスプレー塗料を使っています。たいていの塗料と相性が良くて剥離しにくいのが気に入っています。ゴールドのスプレーは「染めQ メッキ感覚 ゴールド」の色合いが好きです。

【4】木目カッティングシート接着

手作りコースター
木目ダークブラウンのカッティングシートを丸く切り抜きました。カッティングシートはいろんなメーカが出していますが、私は発色が良くて丈夫な「3M ダイノックシート」を良く使っています。

【5】透明フィルムラベル&スタンピングリーフ

手作りコースター
透明なフィルムシールにレーザープリンタで、当ブログ「スチームパンク大百科S」のマークを印刷しました。これは「パソコン&ワープロフィルムラベルA4 10枚入り(ツヤ消し透明)」です。「スタンピングリーフ」でゴールド転写をします。

【6】シールを切り抜いて圧着

手作りコースター
金箔を転写した透明シールを縁ギリギリで切り抜いて、コースターに貼ります。上からステンシルの転写用のスティックを使って強くこすって圧着させます。

【7】ウレタンニス

手作りコースター
左が圧着させただけのもの。白い縁が浮いてしまっています。この上からニスを塗ると縁が綺麗に目立たなくなります。よく使うのは「和信ペイント 油性ニススプレー透明クリヤー」です。この時かならず塗装用マスクなどして霧状のニスを吸い込まないように気をつけてください。

【8】完成!

手作りコースター
はいできあがり。コースターのような小物はそれだけでは主役になりませんが、小さな脇役が集まってはじめて全体の調和がとれたスチームパンクハウスが完成すると思います。ほんの小さなグッズでも自分の気に入ったものに作り変える努力、根気、こだわりが大切ですね。





材料・道具
蒸気夫人
関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る