まろやかな音が響く! iPhone充電スピーカー・家電通話Ⅱ(カデンツァ2)

蒸気社の新製品・スチームパンクiPhone充電スピーカーは、電気を使わないバックロードホーン式のスピーカーです。もちろん充電機能付き。取り外し式の受話器での会話も可能です。
iPhone充電スピーカー・家電通話Ⅱ

広告

家電通話(カデンツァ)をリメイクしました

Steampunk telephone
3年前に作った、家電通話(カデンツァ)が古くなってきましたので、スピカー機能を追加した新型機・家電通話Ⅱ(カデンツァ2)を作ってみました。カデンツァは独奏協奏曲のことで、それらしい漢字をあてはめてみました。

スチームパンク電話機・家電通話(カデンツァ)iPhone充電機
蒸気社から発売された「家電通話(カデンツァ)」。iPhoneを接続すれば充電とともに受話器でお話できます。マホガニーの筐体には金模様が箔押しされ、真鍮パーツが輝いています。

「●●だったらいいのに……」はアイデアの種

iPhone充電スピーカー・家電通話Ⅱ
ベッドサイドのチェストにiPhoneを置いて、寝る前に音楽を聴いているのですが、どうも音が今ひとつ。それに眠っている間に充電も同時にできるといいなと思っていました。

「●●だったらいいのに……」と思ったらすぐにメモ。必要は発明の母と申します。毎日の生活の不満点は工作の種になりますね。

バックロードホーンスピーカーの仕組み

iPhone充電スピーカー・家電通話Ⅱ
バックロードホーンは、電気を使わずに反響で音を増幅させる仕組みです。4年前にトヨタテクノミュージアムで蓄音機を見学した時に思いつきました。箱状の電話機の内部に木の板で迷路状の空間を作り、音を反響させています。電話機全体で音が響くので、柔らかい音になるのです。

動画で見る&聴く蓄音機・産業技術記念館「蓄音機の発明展」
メーリさんのひつじ♪(Mary had a little lamb)世界初の録音装置・蓄音機で再生された曲です。発明者はご存知・発明王エジソン。蓄音機の音を動画で聴いてみましょう。

受話器もイヤホンジャックに刺して使用可能

iPhone充電スピーカー・家電通話Ⅱ
アンティークな受話器は取り外し可能。iPhoneのイヤホンジャックに差し込んで会話できます。周りの音がうるさい場合などに便利ですよ。持ち運びにかさばりますけどね。

スチームパンカーの必需品? 固定電話のように話せるアンティーク受話器
アンティーク受話器を購入しました。スマートフォンのイヤホン端子に接続するだけで、固定電話機の受話器のように話ができます。クラシカルな外観はスチームパンカーにぴったり。

充電可能・金模様でネオヴィクトリアンに

iPhone充電スピーカー・家電通話Ⅱ
ライトニングケーブルを組み込んであるので、充電も同時にできます。受話器の部分はiPhoneの背もたれになっていて、ケーブルの物理的な負担を減らしています。木目塗装に金模様を入れて、キラキラのネオヴィクトリアンデザインにしてみました。

【1】パーツ取り

iPhone充電スピーカー・家電通話Ⅱ
さあ作り始めましょう。前に作った家電通話初号機を分解してパーツ取りをしました。同じものは2つ必要ありませんからね。一度作ってしまうと物に執着しない性格なので、こんなふうにあっけなく壊してしまうこともあります。

スチームパンク電話機・家電通話(カデンツァ)iPhone充電機
蒸気社から発売された「家電通話(カデンツァ)」。iPhoneを接続すれば充電とともに受話器でお話できます。マホガニーの筐体には金模様が箔押しされ、真鍮パーツが輝いています。

【2】木箱・飾り台などパーツを組み立て

iPhone充電スピーカー・家電通話Ⅱ
元になったのはお茶が入っていた木箱。いつか使えるかなと思って保存していたものです。木製の飾り台をバラバラにして、iPhoneの差込口を作ります。

【3】バックロードホーン構造を作る

iPhone充電スピーカー・家電通話Ⅱ
板を切って、箱の内部に迷路状のバックロードホーンを作ります。反響用に空洞部分も作りました。

オーディオマニアは異なる木材を使うだけでなく、モルタルや金属なども使用して音の質を高めたりするそうですが、私は単純なジグザグの板壁にしました。

【4】紙やすりで整える

iPhone充電スピーカー・家電通話Ⅱ
表面を紙やすりで整えます。へこんだ部分には木のネンドをパテ状にしたものを塗りこんで、乾燥後にサンドペーパーで滑らかにします。

【5】一色塗り・仮組み・ケーブル埋め込み

iPhone充電スピーカー・家電通話Ⅱ
全体のバランスを見るために、一度ジェッソで黒く塗りました。一色で塗ると表面の凸凹が分かりやすくなります。仮組みをして、ライトニングケーブルを木のネンドで埋め込みます。iPhoneは下の部分にスピーカーがあるので、ぴったりの位置に穴をあけます。

【6】マスキング・金塗装

iPhone充電スピーカー・家電通話Ⅱ
マスキングをしてゴールドのラッカー塗装します。オールドビレッジのグレイジングリキッドを塗りこんで、経年劣化したようなエイジング塗装をします。

【7】木目塗装

iPhone充電スピーカー・家電通話Ⅱ
フォーフィニッシュの木目塗装に移ります。木目の中でも渦巻き模様が美しいパール杢や、泡杢を模した杢目にしました。杢目塗装については以下の記事を参照してください。

プラスチックがマホガニーに!? 簡単にできる木目塗装の方法
宝箱に入っている玉子は透明なプラスチックカプセルを柾目や杢、こぶ模様などの木目を塗装したものです。スチームパンクDIYに欠かせないテクニック木目塗装について解説いたします。
プラスチックを木製に!? 簡単な木目塗装【フォーフィニッシュを学ぼう3】
フォーフィニッシュ塗装第3回目は、木目塗装です。プラスチックの植木鉢を木目に塗りました。木と真鍮はスチームパンクでよく使われる素材です。手軽に小物を木製化してみましょう。

【8】ウレタンニスを塗り重ねる

iPhone充電スピーカー・家電通話Ⅱ
マホガニー色のウレタンニスを塗り重ねていくと、美しい飴色になっていきます。最初に描いた模様が隠れ過ぎない程度でスプレー塗装をやめます。

【9】金模様を入れる

iPhone充電スピーカー・家電通話Ⅱ
金模様を入れます。全体のバランスを見てフォトショップやイラストレータで模様を描き、印刷用透明シールにプリント。スタンピングリーフで金色にして、模様ギリギリのラインでカット。上から透明なウレタンニスを塗り重ねるとシールの切り口が目立たなくなります。


【10】内側塗装・パーツ組み立て

iPhone充電スピーカー・家電通話Ⅱ
箱の内部は塗装の必要はありませんが、一応アクリル絵の具で黒く縫ってみました。電話機のパーツを本体につけます。ダイヤルの部分は漢数字の大字(壹、貳、參……などの旧字体)をスタンピングリーフで作りました。

【11】完成

iPhone充電スピーカー・家電通話Ⅱ
完成しました。早速iPhoneを接続して音楽をかけてみると、電話機全体が響いているような暖かみのある音に変わります。iPhone6は割合スピーカーの性能が良いのでそれほど劇的な音の変化はありませんが、旧型のiPhoneならはっきりした音の違いが出るのではないでしょうか。

寝室でのくつろぎの時間に

iPhone充電スピーカー・家電通話Ⅱ
正確に言うと寝る前に聴いているのは、音楽ではなく虫の音や雨音、波の音などの自然音です。まったくの無音よりも、自然の音を聴いて横になる方が寝付きが早い気がするからです。タイマーで自動的に音が切れるようにはしていますが、充電しながら聴けるから安心です。

蒸気夫人

関連商品・参考文献

材料・道具

※情報修正2017年12月

トップへ戻る