歯車と木目のディファレンスエンジン的「スチームパンクテンキー」

市販のテンキーを利用して、回る歯車と木目のスチームパンクテンキーを作りました。ガラス製のキートップはキラキラと黄金色に輝いています。表計算ソフトを使う時に重宝しています。
スチームパンクテンキー

テンキーは数値入力用のデバイスです。昔に比べるとテンキーを使う人は減ったかもしれませんが、表計算ソフトなどで数値入力をする仕事をしている人は必須のアイテムです。片手で数字を入力する場合はキーボードよりも速く打てるんですよね。私も毎日使っています。

元になるテンキー

スチームパンクテンキー
こちらは元になるテンキーです。Bluetoothでなくて有線なのでお手頃な価格。キーが昔ながらのメンブレン式で加工しやすかったのでこちらを選びました。

【1】分解する

スチームパンクテンキー
最初に分解。最近のガジェットはネジ穴が特殊な形をしていて、専用のドライバが必要なことが多いのですが、これはごく普通のプラスネジだったので簡単に分解できました。パーツを無くさないようにとっておきます。

【2】キーのスカートを削る

スチームパンクテンキー
キーの周囲にあるスカートをルーターで削ります。ルーターを固定するドリルスタンドを購入してからはこの作業がかなり手早く出来るようになりました。キーの足を削らないように注意。

【3】キートップを作る

スチームパンクテンキー
金色の印刷用シールに数字をプリントして切り抜き、ガラスカボションとミール皿で挟んで接着。いろいろな素材を試したのですが、頻繁に指が触れるキーはアクリルやレジンだと摩耗してしまうためガラスが今のところベストな素材です。キートップを削ったキーに接着します。

【4】木目塗装

スチームパンクテンキー
テンキーのケースを木目塗装します。木目塗装については何度も書いていますので割愛。

フォーフィニッシュを学ぼう3「木目塗装」
フォーフィニッシュ塗装第三回目は、木目塗装です。プラスチックの植木鉢を木目に塗りました。木と真鍮はスチームパンクでよく使われる素材です。手軽に小物を木製化してみましょう。
プラスチックがマホガニーに!? 簡単にできる木目塗装の方法
宝箱に入っている玉子は透明なプラスチックカプセルを柾目や杢、こぶ模様などの木目を塗装したものです。スチームパンクDIYに欠かせないテクニック木目塗装について解説いたします。

【5】ウレタンニス塗装

スチームパンクテンキー
木目塗装をした後の表面です。この後表面をつややかに見せるためにウレタンニスを塗り重ねました。

【6】歯車を作る

スチームパンクテンキー
ディファレンスエンジン(階差機関)のようなギアを作ります。ちょうど良い木製のボタンがあったので、ギアパーツに接着して金色に塗装。金色の印刷用シールに数字をプリントして周りに貼りました。結構それらしく見えます。

【7】歯車を組み立てる

スチームパンクテンキー
プラモデルのパーツ、極小ナット、真鍮棒を使って先ほどの歯車を組み立てました。テンキーの外身に接着、固定。歯車はくるくる周ります。回ったからといってどうということはないのですが一応。

【8】ケースにリベット装飾

スチームパンクテンキー
ケースのぐるりに、リベット的な装飾を施しました。私はいつもカシメを使っています。足があるので接着後取れにくいからです。間隔は1.5cm。

【9】組み立て

スチームパンクテンキー
各パーツを元通りに組み立てます。この瞬間が一番楽しいです。

【10】キーをはめ込む

スチームパンクテンキー
キーを元の順番にはめ込みます。最初に分解する前に写真をとっておくと、間違えずにキーを入れることができますね。

【11】完成!

スチームパンクテンキー
完成です! 入力(エンター)キーと、削除(デリート)キーは、金色と黒を反転させて分かりやすくしています。メンブレン式はキーを押し込む時の感覚がしっかりしていて好きですね。

スチームパンクデスクの左側

スチームパンクテンキー
私は左手で数値入力する癖があるので、デスクの左側にテンキーを置いています。テンキーのコードはスチームパンクモニターのコードホールから出しています。机の上もすっきり。

スチームパンクディスプレイモニター・ヴィクトリアンな真紅の劇場
スチームパンクなディスプレイモニターを作りました。真紅のカーテン、蓄音機のラッパ。歯車いっぱいの時計とオーナメント。格納式のウェブカメラに、ケーブルも内蔵されています。

ディファレンスエンジン計算機・炎算とお揃い

スチームパンクテンキー
机の右側には以前作ったディファレンスエンジン計算機・炎算を置いています。計算機は右手で扱うからです。この二つは似た感じの外観にしました。あと蒸気の机の上のアイテムで残すのは、スチームパンクキーボードですね。それもまた今度記事にします。

スチームパンクな「ディファレンスエンジン計算機・炎算」
歯車がカタカタ回って式を計算、デジタルで表示。蒸気社の新製品です。アナログだけど新しいディファレンス・エンジン計算機を作ってみました。その名も「炎算Enzan」。
材料・道具
蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る