皇帝の名を持つ、階差機関のスチームパンクキーボード・階差(カイザー)

蒸気社のニューモデル、スチームパンクキーボード・階差(カイザー)。皇帝(Kaiser)の名にふさわしい豪華かつ優美な外観。ガラス製のキートップに階差機関の歯車が特徴です。
Difference Engine Keyboard

広告

スチームパンクキーボード・階差コマーシャル

蒸気社の新製品CMをぜひご覧ください。

コンピュータの父・チャールズ・バベッジ(Charles Babbage 1791~1871)が構想した階差機関 (difference engine)は歯車を使った自動計算機です。その階差機関をモチーフにしたスチームパンクキーボード・階差(Kaiser)を詳しくご紹介しましょう。

スチームパンクの父・バベッジの階差機関(ディファレンス・エンジン)とは?
パンチカードでプログラムを組み、蒸気機関によって歯車を回し、演算結果を印刷する世界初のコンピュータ・ディファレンス・エンジン。コンピュータの父バベッジと階差機関について。

タイプライター型キーボード

Difference Engine Keyboard
階差は古き好き時代のタイプライターを模しています。紙を挟んでとめる部分の軸にはiPadやiPhoneを立てるスタンドとなっています。低反発ウレタンのハンドレストつきです。

マホガニーブラウンとピアノブラックの2モデル

Difference Engine Keyboard
繊細な木目のマホガニーブラウンモデルと、映り込むように磨かれたピアノブラックモデルの二種類があります。iPhoneやiPadをプラテン(タイプライターの紙をセットするローラー部分)に載せてキーを打つことができます。

36個の回るギアによる階差機関デザイン

Difference Engine Keyboard
階差機関・ディファレンスエンジンをモチーフにした回るゴールド歯車。チャールズ・バベッジの階差機関はもっと歯車が多く大きな規模のものですが、このモデルでは36個のギアを使用しています。

スチームパンクの父・バベッジの階差機関(ディファレンス・エンジン)とは?
パンチカードでプログラムを組み、蒸気機関によって歯車を回し、演算結果を印刷する世界初のコンピュータ・ディファレンス・エンジン。コンピュータの父バベッジと階差機関について。

耐久性のあるガラスキートップ

Difference Engine Keyboard
美しいガラス製キートップは透明度が高くまた耐久性があります。キーピッチは18mm。やや小さめで女性にとっては使い易い大きさです。ストロークは浅めですが打ちにくいということはなく、デフォルトでは静かな連打音です。

【動画】パチパチチーン!のタイプライター音

ここでキーの音の動画をご覧ください。タイプライター特有の音「パチパチ、チーン! ガシャ!(レバーを戻す音)」がします。この音の大きさは調節することができ、全くの無音にすることも可能です。

金文字が美しいキートップ

Difference Engine Keyboard
キー配列はシンプルな配列。アルファベットは金の地に黒字、機能キーは黒地に金文字となっています。現在のところテンキーなしのものですが、テンキー付きの次世代キーボードを開発中。

日本語ファンクションキーはカスタマイズ可能

Difference Engine Keyboard
機能キーはすべて分かりやすい日本語で書かれています。このキー配列は自分の好きなキーを好きな部分に移動するなどカスタマイズすることができます。

例えばコマンド(命令)キーは通常一番下段に置かれていることが多いのですが、打ち込みやすい中段に移動すれば指の負担を軽減できます。

iPad、iPhoneなどのデバイスをボタンで切り替え

Difference Engine Keyboard
またキーボード上段には、デスクトップ用キーボード、iPad、iPhoneなどのデバイスを登録することによって、ボタン一つで簡単に切り替えができます。このキーのデザインもお使いのデバイスに変更することができます。

高機能モニター真紅の劇場・Scarlet Theater

Difference Engine Keyboard
ここで蒸気社のデスク周りの製品を他にもご紹介しましょう。真紅のカーテン、蓄音機のラッパ。歯車パーツをふんだんに使った時計とオーナメント。格納式のウェブカメラに、ケーブルも内蔵されている真紅の劇場(Scarlet Theater)モニター

スチームパンクディスプレイモニター・ヴィクトリアンな真紅の劇場
スチームパンクなディスプレイモニターを作りました。真紅のカーテン、蓄音機のラッパ。歯車いっぱいの時計とオーナメント。格納式のウェブカメラに、ケーブルも内蔵されています。

カーテンは実際に開閉できます

Difference Engine Keyboard
豪華な劇場をモチーフにしたモデルで、カーテンは実際に開閉できます。突然のお客様に画面を見られたくない──そんな時にはさっとカーテンを閉めるだけ。このカーテンは取り外し可能なので汚れたら洗濯できます。

モニタ周りを蒸気社製品でコーディネート

Difference Engine Keyboard
モニタ周りの小物です。テンキー、計算機、文房具、iPhone&iPad充電器などを蒸気社製品でコーディネートできます。ブラウンとゴールドを基調色にしたゴージャスかつエレガントな外観です。

ディファレンスエンジン計算機・炎算Enzan

Difference Engine Keyboard
キーボードと同じ歯車を使ったデザインのディファレンス・エンジン計算機・炎算Enzanです。メンブレン式のキーでしっかりとしたキータッチ。太陽電池なので電池交換の必要がありません。12桁あります。

スチームパンクなディファレンスエンジン式電卓・炎算(Enzan)
歯車がカタカタ回って式を計算、デジタルで表示。蒸気社の新製品です。アナログだけど新しいディファレンス・エンジン電卓を作ってみました。その名も「炎算(Enzan)」です。

表計算ソフトに便利なテンキー

Difference Engine Keyboard
計算機・炎算と似たデザインのテンキー。こちらは有線のもので、真紅の劇場モニター下部にあるコード穴に通して使用します。表計算ソフトなどをお使いのお客様におすすめです。

歯車と木目のディファレンスエンジン的「スチームパンクテンキー」
市販のテンキーを利用して、回る歯車と木目のスチームパンクテンキーを作りました。ガラス製のキートップはキラキラと黄金色に輝いています。表計算ソフトを使う時に重宝しています。

歯車デザインの万年筆スタンドとブロッター

Difference Engine Keyboard
機械仕掛けではありませんが、書斎机に欠かせないレトロな万年筆スタンドブロッターのセットもあります。歯車をモチーフにした優美なデザインです。手書きの手紙や日記をしたためるのにお使いください。

書斎机の必需品! 歯車いっぱいの時計じかけの万年筆スタンド
書き物をよくするので万年筆は私の必需品です。そこで赤と黒の万年筆をさっと手に取ることができる、万年筆スタンドを作りました。真鍮の歯車と金の模様が書斎机の上で光っています。
万年筆愛好者に贈る、歯車のネオヴィクトリアンブロッター(インク取り)
万年筆を愛用している方にとって必需品のブロッター。生乾きのインクを吸い取って、汚れがつかないようにする道具です。歯車とリベットで装飾したレトロなブロッターを作ってみました。

iPhone&iPadスタンド・楪滋(チャージ)

Difference Engine Keyboard
iPhone&iPadスタンド・楪滋(チャージ)。単なるスタンドとしてだけでなく、iPhone、iPadどちらも充電もできます。デスクトップでの仕事中に携帯やiPadも同時にお使いの方に便利です。

スチームパンクなiPhone&iPad充電器スタンド・楪滋(チャージ)
蒸気社の新製品楪滋(CHARGE チャージ)。楪(ユズリハ)が滋(しげ)るように、あっという間にiPadやiPhoneに充電、データ転送できます。スタンドとしてもお使いください。

iPadも収納可能なノートスタンド

Difference Engine Keyboard
書き物をする方にはノートスタンドもあると重宝します。歯車のモチーフでどっしりとした印象。右側はフエルト貼り、左側はクッション貼りのポケットとなっていますので、ノートだけでなくiPadを傷つけることなく収納できます。

100円ショップの木製レターラックで作る! 歯車ノートスタンド
スチームパンクモニタの隣に並んでいるノートスタンド。手帳やノート、iPadを立てて収納するためのものです。100円ショップで見つけた手頃なレターラックを材料に作りました。

作り方は企業秘密

Difference Engine Keyboard
以上蒸気社の書斎周りの製品──つまり私の工作をご紹介いたしました。いつもならここで作り方のハウツーを書くのですが、このキーボードは販売用にしようと思っていたので作り方は企業秘密です。

でも私(五十嵐麻理)のツイッターをフォローされている方だけは、作業工程をツイートしていましたのでどうやって作っているかご存知でしょうね。今後も工作を作りながら写真つきツイートをしますのでレッツフォロー!

しまった、先を越された……


……ところが事情が変わりました。上のツイートのようにこのキーボードを作っていたのは2016年の3月だったのですが、先日Amazonでタイプライター式のキーボードが発売。一つは1万円そこそこの値段です。Kickstarterで出資を募っていたキーボードも日本で手に入るようになりました。


私のキーボードはガラスや金属製のパーツを使っているので材料費だけでも結構なお値段。一台作るのに早くても2週間はかかります。それに手づくり品のオリジナル性はありますが、素人作業で粗もあるでしょうし、企業が作る市販品にはとてもかないません。

売っていれば作らなくてもいいじゃない

Difference Engine Keyboard
この流れだと、もっと性能の良い美しい外観のタイプライターキーボードが一般化するのも時間の問題でしょう。でもそれなら私が本来望んでいた世界です。私のモットーは「売ってなければ作ればいいじゃない」です。スチームパンクなガジェットが普通に売っている世の中になればそれが一番良いのです。

当記事ではキーボードは分解せずに塗装・加工をしていますが、日本においては技適認証付きの無線機器を分解して改造した後に使用することは電波法で禁じられています。正確には改造した機器を使える状態にした時点で不法無線局開設の罪となります。ワイヤレス式キーボードを分解して使用することはあくまで違法ですので、なにとぞお気をつけください。
蒸気夫人

関連商品・参考文献

※情報修正2017年12月

トップへ戻る