「昭和の写真を撮る」&「昭和の写真ジェネレータ(仮)」

昭和的な写真を取るにはどうしたら良い? 2つのサイトをご紹介。ニフティデイリーポータルの記事と、昭和の写真ジェネレータ(仮) で、お手持ちの画像が一気に昭和の写真に大変身!
昭和の写真

昭和写真の特徴

最初のサイトは@niftyデイリーポータルZのボス・林雄司氏による「昭和の写真を撮る」という記事。林氏が挙げる、昭和写真の特徴は

■赤が鈍い色に
■全体に青かったり黄色かったり
■フチ+日付がある
■ざらついている

昭和の写真を撮る

の4点。なるほどねー。さらにさかのぼって、昭和30年代にするにはカラー写真をモノクロに、そしてさらに解像度を荒くしたらそれっぽく見えるってわけ。前々回、前回の昭和レトロ画像は、記事を参考にフォトショップで加工してみたものなのです。

ピースでなく、全身でポーズ

そして素晴らしいのが、林氏のポーズへの言及です。

むかしの人はみなポーズを決めているのだ。ポケットに手を突っ込んだり腰に手を当てたり。ピースではなく、全身でポーズ。石原裕次郎の影響だろうか。カメラに正面から向き合っていてカジュアルな表情を撮ろうなんて意識はゼロだ。

昭和の写真を撮る

私の父の写真

昭和の写真
こちら亡き父の写真。ちょ、お父さん。今の私よりもはるかに若い時の父が、キメキメのモデル立ちで白黒写真におさまってましたよ。

さすがに戦後すぐぐらいだと、普通の人はカメラ慣れしていないのか、ぼんやりと視点が定まっていなかったり、逆に直立不動の堅い姿勢だったり。しかし映画やテレビ、雑誌などマスメディアの発達にともなって、一般人もスタア的ポーズでカメラの前に立ったりするようになります。

さすが林さんはひと味違う

林さんが撮影された平成の写真は見事に昭和化していて、昔のアルバムに紛れ込んでいても違和感ゼロ。ポーズもイカした(死語)、グーな感じ(死語)で決まってます。さすがデイリーポータルZのウェブマスターだぜ! 目の付け所が違うぜ!

sfujiwaraさんの「昭和の写真ジェネレータ(仮)」

昭和の写真

さあ、あなたも昭和写真を撮りたくなったでしょ? フォトショップ持ってない? ダイジョブ。ネットの世界には技術力を持った、太っ腹な御仁がたくさんいらっしゃるのです。

sfujiwaraさん(「酒日記 はてな支店」)いう方がお作りになった「昭和の写真ジェネレータ(仮) 」を使えば、画像をアップするだけで、あっという間に昭和写真に早変わり!

【1】現代(元画像)

昭和の写真
実際に加工してみましょう。これは元の画像。前回に続いて何度も言うけど、このポーズは非常に恥ずかしい。だが北島マヤばりに銀幕のスタアになりきるのだっ!

【2】昭和40年~50年代

昭和の写真
そしてジェネレータで変換した画像。赤茶けた感じが昭和40年~50年代っぽいですね。昭和の写真ジェネレータ(仮) では、日付の有り無し・白フチの有り無し・絹目仕上げ光沢仕上げを選ぶことができます。こだわりがいいですね。この写真は、日付無し、白フチなし、光沢仕上げで変換しました。

【3】昭和30年代

昭和の写真
これを画像加工ソフトなどでモノクロ化すれば、もっと時代を古くできます。昭和30年代風。『それいゆ』のグラビア写真っぽくなったよ!

【4】幕末?

昭和の写真
以前「アンティーク写真の作り方1」という記事でご紹介した「幕末古写真ジェネレーター」で変換したら、もーっと古く時代をさかのぼれます。いや、服装が合ってないけど。

アンティーク写真の作り方(1)・幕末古写真ジェネレーター
幕末古写真ジェネレーターは、画像加工ソフトやアプリを使わずにWeb上で簡単に幕末写真風が作れます。お手持ちの写真を古い写真風に簡単にイメージチェンジできますよ。

昭和的モニュメントが一番

昭和の写真
でもやっぱりこのモニュメントが一番映えますね。昭和40年代の一大イベント・大阪万博の太陽の塔です。日付を40年前に、白フチ有り、絹目仕上げで加工。別ブログ「日本珍スポット100景」で太陽の塔のレポート書いてますのでぜひ御覧くださいな。
普通のデジカメ写真でも昭和にタイムスリップした感じになりますが、林さんがされているように、昭和的ファッションで、腰に手をあて、足をクロスさせ、ガッチガチのモデル立ちの方がリアルな写真になりますよ。ビバ、昭和!──あっ、次回からは元の時代に戻るのでご安心あれ。

蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る