「アシュレイ家具」ヴィクトリアンなお部屋のための家具店

ヴィクトリアンなお部屋を目指している方にとって、趣味に合う家具店を探すのは一苦労だと思います。そこで今回は、クラシカルな家具を扱うアシュレイホームストアをご紹介いたします。
アシュレイ家具

私がアシュレイ家具について知ったのは、高校時代ニューヨークに留学していた時のことです。アシュレイ家具はアメリカで最も有名な家具店で、全米売り上げナンバーワンの家具ブランド。クラシカルテイスト、カントリーテイストの家具をお手頃な値段で販売しています。

この記事の写真は、ベッドを購入した時にお店の人に断ってから撮影しました。撮影した時期は去年の8月なので内装やレイアウトが変わっているかもしれません。

日本では2店舗をオープン

アシュレイ家具
日本では愛知県みよし市に第一号店、神奈川県横浜市青葉区に第二号店があります。一応言っておくと、「アシュレイ」家具と「ローラアシュレイ(英国のブランド)」とは別物です。どっちもクラシカルテイストなので間違えやすいですが。

全世界でなんと500店舗!

アシュレイ家具
アシュレイのお店は世界中でなんと500店舗もあるんですよ。ちなみに北欧ブランドのIKEAは全世界で278店舗、ニトリは189店舗。IKEAやニトリよりも店舗数ははるかに多いのに、日本はたった2店舗だけなのが残念。あまり日本人の好みに合わないんでしょうか。もっと日本でお店が増えてもいいんだけどなあ……。

海外帰りのトヨタ系社員に人気

アシュレイ家具
愛知県みよし市にアシュレイ家具正規販売店ができたのは2000年のこと。この地にオープンさせたのも理由があります。トヨタ系の社員がアメリカに駐在してアシュレイ家具の事を知り、日本に帰ってからも同じようなライフスタイルにしたいというニーズがあったからだそうです。(アシュレイホームストア横浜店│神奈川県・横浜市・青葉区リビングライフ

本物のアンティークに比べてリーズナブル

アシュレイ家具
シンプル&モダン系の家具のお店はたくさんありますが、クラシカル&アンティークな家具を扱うお店はなかなかありません。本物のアンティークはお値段がかなり高かったり、耐久性に欠けたりすることもありますが、アシュレイはアンティーク風の新しい家具なのでその点は安心。

全部をアンティークにするのは不可能

アシュレイ家具
本物のアンティークを愛する方々にとっては邪道と思われるかもしれませんが、実際その家具を使って生活するわけですから、たとえば「すべての家具を19世紀のもので揃える、それ以外は絶対使わない!」というのは現実的ではありませんよね。

小物も2、3000円から買える

アシュレイ家具
アシュレイブランドの商品数は2800種類もあります。ショールームでは家具だけでなく、鏡や時計、ランプ、絵画、絨毯など、家のインテリアが一式揃います。2、3000円で買える小物入れとかもあって気軽に購入できますよ。

コーデイネートも勉強になる

アシュレイ家具
ショールームの内装も非常に参考になります。海外のインテリアを勉強されている方がしっかりと飾り付けされているようで、色使いや配置など真似してみたい素敵なレイアウトなっていますよ。

ベッドとリネン類もここで購入

アシュレイ家具
私はここでベッドと、リネン一式を購入しました。こんな風にクッションをたくさん並べてコーディネートしたリネン類は、日本の家具店ではほとんど見つかりません。でもアシュレイ家具店にはベッドが何台も置かれているので、いろんなベッドコーデイネートを見ることができます。

ネット通販もやっています

アシュレイ家具
愛知県も神奈川県も遠すぎる……という方はアシュレイ家具のサイトでネット通販もできます(【ASHLEY】輸入家具-アシュレイホームストア)でもできれば大きな家具を購入するときは実物を見てからが良いかなとも思います。ソファやベッドなどすわり心地、寝心地を確かめた方が良いですしね。

家具工作系スチームパンカーは必見

アシュレイ家具
現在お引っ越しや家の建築をお考えでアンティークテイストの家具を探していらっしゃる方はもちろんのこと、将来こんなお家に住みたいという夢をお持ちの方、家具工作系スチームパンカーの方々もぜひアシュレイホームストアのショールームに足を運んでみてください。きっと何かのヒントになりますよ。

詳細
蒸気夫人
関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る