お手頃価格のデスク万年筆を、レトロ&クラシカルな羽ペンにする方法

スチームパンクなペンスタンドを作ったら、それに合うようなペンも欲しくなりました。パイロットのお手頃価格な万年筆を塗装しフクロウの羽をつけて、レトロな羽ペン風にしてみました。
手作りの万年筆羽ペン

広告

ペンスタンドに合うペンが欲しい

手作りの万年筆羽ペン
ギアいっぱいのスチームパンクなペンスタンドを作りました。となると次にほしくなるのがペン立てにぴったりのペンです。ただ普通のペンを挿しただけではどうもデザインがチグハグだからです。

キラキラ数字の歯車! スチームパンクな万年筆スタンド
毎日使う文房具なのでペン立てにもこだわりたいもの。キラキラと輝く数字の歯車が特徴的なスチームパンク万年筆スタンドを作ってみました。適度な重さもあってペンの抜き差しも楽です。

【1】もとにするペンを選ぶ

手作りの万年筆羽ペン
こちらが材料。私が愛用している万年筆はすべてパイロット製です。パイロットは国内ナンバーワンのシェアを誇るメーカーです。以前作ったペンスタンドの万年筆もやはりパイロット製でした。今回は1000円以下のデスクペンを元に作ります。

書斎机の必需品! 歯車いっぱいの時計じかけの万年筆スタンド
書き物をよくするので万年筆は私の必需品です。そこで赤と黒の万年筆をさっと手に取ることができる、万年筆スタンドを作りました。真鍮の歯車と金の模様が書斎机の上で光っています。

【2】キャップと軸を切断する

手作りの万年筆羽ペン
では作ってみましょう! 万年筆のキャップと軸が長すぎるので先の部分を切断し、全体的にヤスリがけをして、ミッチャクロンで下地処理をします。

【3】キャップを塗装する

手作りの万年筆羽ペン
今回はざらざらとしたテクスチャの梨地塗装にすることにしました。ゴールドのラッカースプレーで塗装して、ペンスタンドに接着します。

【4】軸を木目塗装する

手作りの万年筆羽ペン
軸の部分にマホガニー的な木目塗装をします。最初に黄色のラッカースプレー、次に黒のエナメル塗料で木目を描き、上からマホガニー色のウレタンスプレーを塗り重ねていきます。この方法は以下の記事に詳細を書きました。

プラスチックがマホガニーに!? 簡単にできる木目塗装の方法
宝箱に入っている玉子は透明なプラスチックカプセルを柾目や杢、こぶ模様などの木目を塗装したものです。スチームパンクDIYに欠かせないテクニック木目塗装について解説いたします。

【5】軸に金模様を入れる

手作りの万年筆羽ペン
ペン先をつけて位置決めをします。金色のタトゥーシールを使って金模様を入れます。この方法は以下の記事を参照してください。上から水性ウレタンニスを塗っておくと頻繁に手で触っても模様が剥がれることはありません。

人魚のステッキをリメイク! タトゥーシールで手軽に金模様を入れる方法
手軽に金模様をつけられるタトゥーシールを使うハウツーをご紹介します。愛用の人魚のステッキに金模様を入れました。お気に入りグッズをあなたオリジナルのデザインにしてみませんか。

【6】アクセサリーパーツをつける

手作りの万年筆羽ペン
ペン軸端の部分に、金色の蝶のパーツをつけて飾りにしました。そこにフクロウの羽を適当な長さに切って接着しました。羽は実際に試し書きをして邪魔にならない長さにします。

【7】フクロウの羽をつける

手作りの万年筆羽ペン
知恵の象徴・フクロウの羽を使うことにしました。色的にもブラウンで家具調度に合っていますしね。羽の長さは22cmにしました。これ以上長いと書いている時に顔に当たってしまうからです。さあこれで完成!

あなたにピッタリの羽ペンを作ってくださいね

手作りの万年筆羽ペン
筆記用具は毎日頻繁に使うものですから、気に入ったデザインを厳選したいものですね。でもどうしてもぴったりの色や形のペンが見つからない場合は、自分で一手間加えてデコレーションするのも手です。プレゼントなどにも良いかもしれませんね。ぜひ手作りを楽しんでくださいね。

蒸気夫人

関連商品・参考文献

道具・材料
トップへ戻る