【ブログ】月・水・金の夜7時 更新
【YouTube】水・日の夜8時30分 更新
スポンサーリンク

アリステラリウムのメンテナンスをしました【不思議の国のアリスシリーズ13】

テラリウムのメンテナンス
これまで12作品をご紹介してきた「不思議の国のアリステラリウム」。生き物系は一度作ったらおしまい──とはなりません。日々のお世話、定期的なメンテナンスが必要です。今回はいくつかのテラリウムの仕立直しについての記事です。

スポンサーリンク

2016年年末から作り始めたテラリウムアリスシリーズ

テラリウムのメンテナンス
最初にこのテラリウムシリーズに着手したのが2016年の年末でした。もう5年も経ったんですね。テラリウムは日々の水やりや剪定などの世話をしなければなりませんが、時々大規模な仕立直しをしています。今回は2つのテラリウムの作業を行いました。

薬瓶とアリスのミニテラリウム【不思議の国のアリスシリーズ1】
薬瓶にはDrink Meと書かれた札が下がっていますね。瓶の中に入っているアリスの手にもDrink Meと書かれた札の薬瓶が──という入れ子状になった薬瓶のミニテラリウムです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【1】ガラス容器に水草一番サンドを入れる

テラリウムのメンテナンス
まず一つ目が「育てる水草 種から育てるミスト式水草水槽【不思議の国のアリスシリーズ10】」という記事の水草水槽です。水草が徒長してしまってあまり見た目がよくありませんでしたので、思い切ってオールリセットすることにしました。

「育てる水草」種から育てるミスト式水草水槽【不思議の国のアリスシリーズ10】
遅刻遅刻!と走り去るウサギを見つめるアリス。『不思議の国のアリス』の名場面です。種から簡単に水草を育てられるキットを購入しました。誰でも簡単に水草水槽を作ることができますよ。

【2】謎の種を蒔く

テラリウムのメンテナンス
水草一番サンドをガラス容器に入れて、Amazonで購入した謎の種をまきます。何度か書いていますが商品名は「小さい葉」「大きい葉」。レビューなど読むとどうもベビーハイグロフィラ、キューバパールグラスらしいのですが良くわかりません。

【3】霧吹きしてラップをかける

テラリウムのメンテナンス
サンドにたっぷりと霧吹きをしてラップをかぶせます。はい、できあがり。あとは待つだけ。詳しい作り方や、成長の過程は以下の記事に詳しく書いてありますので参考にしてください。

「育てる水草」種から育てるミスト式水草水槽【不思議の国のアリスシリーズ10】
遅刻遅刻!と走り去るウサギを見つめるアリス。『不思議の国のアリス』の名場面です。種から簡単に水草を育てられるキットを購入しました。誰でも簡単に水草水槽を作ることができますよ。

1ヶ月半後のテラリウム

テラリウムのメンテナンス
1ヶ月半後の様子。地面を緑の草が覆いましたのでアリスと白ウサギ、切り株、キノコのフィギュアを配置しました。遅刻、遅刻〜!と走ってゆく白ウサギを木の陰からこっそり見ているアリスの図です。本物の植物を使ったジオラマですね。

ただし、このフィギュアは実はウサギとアリスが穴に入る前のシーンではなく、別のシーンのものを流用しました。だから原典には正確ではないのですがご了承ください。

【1】材料を用意する

テラリウムのメンテナンス
2つ目は「多肉植物セダムの国のアリスと子鹿【不思議の国のアリスシリーズ2】」を別のテラリウムにリメイクしました。庭に移したセダムは元気に地面を覆っていますよ。

今回は新しいテラリウム用にいくつか観葉植物を購入しました。

多肉植物セダムの国のアリスと子鹿【不思議の国のアリスシリーズ2】
ぷくぷくしたセダムの森の中で子鹿とアリスがたたずんでいる『鏡の国のアリス』のシーンです。セダムは比較的育てやすい多肉植物。寄せ植えにしてフィギュアと共に楽しんでみませんか?

【2】植物を植え付ける

テラリウムのメンテナンス
こちらも同じように水草一番サンドを使って培養土とし、植物をレイアウトしていきます。位置が決まったら先程の謎の種をまいて霧吹き。最期にフィギュアを配置します。テラリウムの詳しい作り方は以下の記事を参考にしてください。

テラリウムの国のアリスと青虫【不思議の国のアリスシリーズ3】
様々な種類のコケとミニ観葉植物を使ったテラリウム。鬱蒼とした森の中でイモムシに出会うアリス。カラフルなキノコもニョキニョキ生えています。ガラス瓶の中の森を作ってみませんか?
テラリウムの国のアリスと女王【不思議の国のアリスシリーズ8】
丸いガラス容器に『不思議の国のアリス』の3場面を入れました。フラミンゴを抱えて当惑するアリス、怒りに燃えて怒鳴るハートの女王、ペンキの刷毛を片手に困り顔のトランプです。

1週間後の様子

テラリウムのメンテナンス
1週間後の様子。もう地面に水草の種の双葉が出始めていますね。1ヶ月後には完全に緑のじゅうたんとして地面を覆ってしまうことでしょう。水やりは朝と晩に霧吹きをしていますよ。

オールリセットは1、2年に1度

テラリウムのメンテナンス
テラリウムは樹形が乱れてきたなと感じたら、水槽用のハサミ・ピンセットでカットして整えています。オールリセットは1、2年毎ですね。枯れることはほぼないのですが、植物が育ちすぎてジャングル状態になってしまうことが多いのです。右端の白ウサギのテラリウムはそろそろメンテが必要ですね。

お昼ごはんの憩いのひととき

テラリウムのメンテナンス
タイマーで毎日お昼ごろになるとライトがつくようにしています。ちょうどお昼時なのでダイニングテーブルでテラリウムたちを眺めながらご飯をいただきます。とても心癒されるひとときです。アリスフィギュアはまだたくさんあるので、また新しいテラリウムも作りたいな。(2019年03月15日〜2019年11月27日制作)

【蒸気夫人(マダムスチーム)】

関連商品・参考文献

材料・道具
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました