シングルシーツ2枚を材料にして作る、エレガントなベッドスカート

ロマンティックな寝室に欠かせないベッドスカート。ベッドの足元にかぶせて使う寝具の一つです。シングルシーツ2枚を使ってレースとフリルいっぱいのベッドスカートを作ってみました。
ベッドスカートの作り方

広告

夏の寝室の様子

ベッドスカートの作り方
これは私の夏の寝室の様子。青を基調色に涼しげなコーディネートにしてあります。ベッド横には歯車の浮かび上がるシェードランプ、そして毎朝目を開けるとヤシの木が目に入る南国ムードとなっています。

カルトナージュ手芸でスチームパンクランプシェードを作りましょう【寝室模様替え2】
明かりをつけると歯車が浮かび上がるシェードランプ。カルトナージュ手芸の技法を使って、赤いランプシェードを青色にをリメイク。真鍮のメタルパーツとフリンジがキラキラしています。
水やり簡単、移動も楽々! ヴィクトリアンな木製鉢カバーの作り方
ヴィクトリアンな木製鉢カバーを作りました。大きな鉢は水やりや移動が大変ですが、簡単に植物の世話ができるよう工夫しました。見た目良し、機能良しの鉢カバーの作り方ハウツーです。

クイーンサイズのベッドスカートが見つからない

ベッドスカートの作り方
これは以前、寝室を青で統一する時に既製品のベッドスカートにフリンジを縫い付けたものです。とても気に入っていますが、夏用の寝具としてはこのベッドスカートがちょっと重たい気がします。

私のベッドはアメリカのクイーンサイズで、なかなかこのサイズのベッドスカートが見つかりません。そこで「売ってなければ作ればいいじゃない」と、夏用のベッドスカートを作ることにしました。

統一感のある寝室作り・ベッドルームの小物約20点を作りました【寝室模様替え4】
2ヶ月前から約20点のモノづくりをして、寝室の模様替えをしました。同じ布やブレード、タッセルを使えば統一感のあるベッドルームに。リゾートホテルのような寝室を目指します。

【1】材料をそろえる

ベッドスカートの作り方
材料はシングル用のシーツ2枚とレースです。シーツは、ボックスシーツではなく、一枚布のフラットシーツです。シーツを使った理由は手芸店で生地を買うよりも安く、また端の始末がすでにしてあるので縫う場所を最小限にすることができるからです。シーツですから洗濯も気にせずできる生地ですしね。

クイーンサイズまでなら2枚で大丈夫ですが、キングサイズ以上は3枚使うか、ダブルサイズのシーツ2枚にした方が良いかもしれません。

【2】シーツの使用法

ベッドスカートの作り方
この図の通り、1枚目のシーツは左右のスカート部分に。2枚目のシーツはマットレスに挟み込む部分となります。これはベッドの大きさにもよるので、寸法は割愛しました。スカートのフリルを作る部分は、布を繋いでマットレスの長さの1.5倍〜2倍の長さにします(長さはフリルの分量によります)。

【3】シーツをカットする

ベッドスカートの作り方
シーツをカットします。大物をジャキジャキ裁ちばさみで切っていくのは結構楽しいですね。

【4】端の始末をする

ベッドスカートの作り方
切った部分の端をアイロンで三つ折りにして始末します。切らずに使える部分はすでに端の処理がしてあるので縫う必要はありません。

【5】スカート部分の布を継ぎ足す

ベッドスカートの作り方
スカートの部分はフリルの分の長さが必要なので、カットした布を継ぎ足して使います。フリルで隠れるので継ぎ足ししてもそれほど目立ちません。

【6】端にレースを縫い付ける

ベッドスカートの作り方
スカートの裾部分にレースを縫い付けます。このレースの幅は約3cmです。スカート部分の布の長さ分が必要です。

【7】ギャザーを寄せてから縫う

ベッドスカートの作り方
スカート部分の布にギャザーを寄せて、マットレスの下になる部分の布に縫い付けます。

スカートのフリル部分

ベッドスカートの作り方
こんな感じでフリル部分ができました。

【8】端の始末をする

ベッドスカートの作り方
縫った部分の端の始末をします。

【9】完成!(2枚作りました)

ベッドスカートの作り方
完成です! 直線縫いのみでできるから超簡単です。洗い替え用に、白バージョンと水色バージョンの2枚を作りました。うっすら透けていていかにも涼し気なベッドスカートになりましたよ。

あなたのお好みのデザインでどうぞ

ベッドスカートの作り方
ベッドスカートはこのようにギャザーを寄せてあるもの、ストンとストレートに布を落としてあるもの、レースのフリルが二重、三重に重なっているゴージャスなもの──など様々なタイプがあります。エレガントな寝室の演出にぜひ作ってみてくださいな。

蒸気夫人

関連商品・参考文献

道具・材料
トップへ戻る