【ブログ】月・水・金の夜【YouTube】水・日の夜に更新
スポンサーリンク

【旦那様バー19】レンガ壁に映える! 多肉植物の船舶窓を作りました

緑の船舶窓
船舶窓と多肉植物をモチーフにした壁飾りを作りました。船舶窓はレンガの壁によく似合います。鋼鉄製に見えますが、実は意外なものを材料にしていますよ。見た目よりもかなり軽いので壁飾りに最適です。

スポンサーリンク

左右対称に飾った緑の船舶窓

緑の船舶窓
旦那様バーのキッチン側の壁です。船舶照明を中心に、左右に船舶窓の飾りを作りました。船舶グッズってどれもカッコいいですよね。蒸気邸も以下の記事のように、あちこちに船舶窓を取り付けています。今回は真鍮製でなく、軽くて扱いやすい材料で作りました。

アンティークな真鍮製の船舶窓をドアに設置【蒸気邸改造記18】
真鍮製のグッズはアンティークな部屋によく似合いますね。スチームパンクなインテリアにも欠かせません。今回のリフォームでドアを作ってもらう際に、真鍮製の船舶窓を設置しました。
潜水艦のロマンたっぷり船舶窓:ノーチラス号納戸改造記【6】
船舶窓の窓の向こうには神秘的な海の風景が広がっています。船舶用の丸窓にはロマンがありますね。潜水艦ノーチラス号の雰囲気を演出する、真鍮の船舶窓を壁にとりつけてみました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【1】丸い額に合わせてスタイロフォームをカット

緑の船舶窓
丸い形の木製額を購入しました。この額の大きさに合わせてスタイロフォームを2枚カットします(今回は2つの船舶窓を作りますので合計4枚ですね)。一枚は額の内側の大きさに合わせてくり抜きます。

【2】接着と穴あけ

緑の船舶窓
額とスタイロフォームを接着します。接着剤は発泡スチロール用のものを使います。額には一定間隔にルーターとドリルで穴を開けます。

【3】サンダーで削る

緑の船舶窓
なめらかな円にするため、スタイロフォームをサンダーで削ります。スタイロフォームはこのように切ったり削ったりが簡単なので、工作の土台にとても向いている素材です。

【4】粘土ペーストを作る

緑の船舶窓
木の粘土(ウッドフォルモ)石塑粘土(ラドール)、水をミキサーに入れてどろどろになるまで撹拌します。

【5】

緑の船舶窓
筆でペースト状になった粘土をスタイロフォームの縁に塗って乾燥させ、再び塗り重ねます。何度か塗り重ねて下のスタイロフォームが隠れるようにします。

【6】

緑の船舶窓
完全に乾いた状態になったら、サンダーでヤスリがけをして表面を整えます。下のスタイロフォームが出てしまったところはまたペースト状の粘土を塗って乾かして再びサンダーがけ。これを繰り返します。

【7】竹ひごとストローを加工

緑の船舶窓
船舶窓の保護のためのバーを作ります。材料は竹ひご曲がるストローです。金属製のパイプを曲げるよりも簡単で、軽く作ることができます。接合部分となるストローの中にはグルーガンでホットボンドを詰めました。固まると90度に曲がったまま固定されます。

【8】カシメとナットで装飾

緑の船舶窓
額の穴あけした部分にカシメの足を入れて接着します。バーの足の部分は飾りと接着強化のためにナットをつけました。

【9】アイアン風ペイントで塗装

緑の船舶窓
タカラ塗料 水性アクリル アイアン風ペイントでそれぞれのパーツを塗装します。内側は隠れる部分なので1度塗り。外側は2度塗りしました。本当にタカラ塗料のアイアン風ペイントは重宝しますね。どんな素材でもあっという間に鉄製っぽくなります。

【10】フェイクグリーンを接着

緑の船舶窓
人工観葉植物の多肉の茎を適当な長さで切って土台のスタイロフォームに刺し、ホットボンドで接着していきます。土台の黒色が見えなくなるまでぎっしりと植物で埋めます。

【11】バーを接着して完成

緑の船舶窓
最後に2本のバーを本体に接着してできあがり!

以前作った船舶窓の飾りの応用工作

緑の船舶窓
かなり軽く作られているので、壁の飾りに最適です。こういうのどこかで見たことある──と気づいたあなたはこのブログを読み込んでくださっている読者さんですね。これは2016年制作の蒸気邸理科室の壁飾りを応用した工作なんですよ。金色でなく黒いアイアンも結構植物に似合いますね。(2019年12月22日制作)

【蒸気夫人(マダムスチーム)】

増殖する植物!? 人工観葉植物を使った船舶窓の壁飾りのつくり方
船舶窓を突き破って、室内に植物が増殖中? 実は人工植物を使った壁飾りです。鮮やかなグリーンなので一見して本物のように見えますよ。お手入れも簡単な壁飾りを作ってみませんか?

関連商品・参考文献

材料・道具
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました