【ブログ】月・水・金の夜7時 更新
【YouTube】水・日の夜8時30分 更新
スポンサーリンク

黒留袖でダンス用の燕尾服(イブニングコート)を作りました【テーラー五十嵐】

黒留袖とで作る燕尾服
日本の既婚女性の第一礼装・黒留袖を元に、ダンス用の燕尾服を作ってみました。気分はフレッド・アステア。唐草模様の金襴をピークドラペルとボタンに使って舞台映えするようにしたり、燕尾の裾に重りを入れたり工夫しましたよ。

写真撮影:若鳩(@jack_tailor

生き方の基準は、正しいか正しくないかではなく、美しいか否かである

ジャン・コクトー(1889〜1963 フランスの芸術家)
スポンサーリンク

撮影会のための衣装として制作

黒留袖とで作る燕尾服

写真撮影:若鳩(@jack_tailor

2019年06月に大道芸人・フォトグラファーとして知られる若鳩@jack_tailor)さんに写真を撮影していただきました。その時の衣装がこちら。ターンすると絵羽模様の燕尾がひるがえって美しい弧を描きます。なかなか良く仕上がったのではないでしょうか。

土砂降りの中の若鳩君撮影会とMac nakataさんの豪邸訪問記
フォトグラファー&大道芸人の若鳩(ジャック)君による、東京都内某所の撮影会に参加しました。翌日には群馬県のアーティストMac nakataさんの豪邸で囲炉裏会が開催されました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【1】黒留袖を選ぶ

黒留袖とで作る燕尾服
燕尾服を縫うのは2回目となります。前回と同様今回も黒留袖をベースに作ります。金色がゴージャスな御所車の絵柄です。楽天で古着として販売されているものを買いました。ダンス用で汗をかくことも考えてポリエステル着物。お値段は2000円でした。

黒留袖で作る淑女のための燕尾服(イブニングコート)【テーラー五十嵐(9)】
日本の既婚女性の第一礼装・黒留袖を使って、女性の私が着るための「舞踏や舞台衣装に向いた燕尾服」を作りました。燕尾服(モーニング・イブニング)の違いや特徴についても解説。

【2】着物を解く

黒留袖とで作る燕尾服
幸い手縫いで縫われていましたので、解体も簡単です。ポリ着物は値段が安いのでミシン縫いをされていることが多いのですが、ミシンの場合糸を解くのがちょっと面倒です。手縫いだとスーッと引き抜くだけなので楽ですね。

【3】型紙を作る

黒留袖とで作る燕尾服
今回は以前作った型紙を少し改造することにしました。参考にしたのは『Victorian Tailor』と『MEN’S GARMENTS 1830-1900』という海外の洋裁本。実際に当時使われていた型紙が紹介されているので、19世紀初期〜19世紀末の男性の洋服をより正確に作ることができるんです。洋裁系のスチームパンカーはぜひ揃えておきたい2冊。

【4】裁断する

黒留袖とで作る燕尾服
修正した型紙通りに黒留袖をカットしました。絵羽模様が美しく出るように裁断するのが一苦労でした。着物1枚から標準的な体型の女性の燕尾服が1着出来上がります。

【5】縫う

黒留袖とで作る燕尾服
接着芯をつけたり、アイロンワークで肩や衿を作ったり、縫い合わせたり──といった細かい部分は前回も書きましたので割愛します。2回目で手順が完全に頭に入っているからサクサクと縫いすすめることができました。

【6】裾に重りをつける

黒留袖とで作る燕尾服
今回の工夫点その1。燕尾の重り。前回は水草の重りを使いましたが、少し重量が足りなかったのでステンレス製の六角ナットを裾に縫い付けることにしました。重りがあることでターンした時に遠心力できれいに燕尾がひらめくんですよね。何度も試着してターンしながらナットの個数を決めました。

【7】衿を別布にする

黒留袖とで作る燕尾服
工夫点その2。衿とボタンを黒留袖の生地ではなく、唐草模様の黒の金襴にしました。銀糸が使われていてキラキラ光ります。このくらい派手な方がダンス用にはいいかなと。最初は黒留袖の絵羽模様から衿を切り出したのですが、仮縫いしてみるとどうもバランスが悪かったのでこちらの生地に変えました。

【8】ベストを縫う

黒留袖とで作る燕尾服
衿の黒の金襴は、同じ模様で白い生地が販売されていましたので一緒に購入しました。この生地でウエストコート(ベスト)を作ります。前回はコルセット型にしましたが、今回は先程の『Victorian Tailor』と『MEN’S GARMENTS 1830-1900』を参考に、正式なスタイルのウエストコートの型紙を使いました。

女性も男性もお勧め! 礼装用のコルセットベスト【テーラー五十嵐(4)】
ジャパニーズスチームパンクスタイルに合うコルセットベストを作りました。真っ白なちりめん地は桜吹雪模様。バスク部分にアジアンノットのボタンをあしらいました。 シャツの豆知識も。

【9】ボタンをつける

黒留袖とで作る燕尾服
ボタンは迷った末に、やはり前回のコルセットベストと同じくチャイナボタンを使いました。日本の着物にはボタンという概念がありませんので、チャイナボタンでアジアンテイストにしてみたわけです。エキゾチックな雰囲気が出て良いと思います。

【10】完成!

黒留袖とで作る燕尾服
ベストもできあがり! ちゃんとものを入れられるポケットもつけました。ポケットがあれば懐中時計のおしゃれができますからね。女性服は飾りポケットばかりなので本当に困ります。

どうして飾りポケットなの!? 女性用のベストのポケットを改造する方法
いつも不満に思っていること。それは女性用の服のポケットが往々にして、物を入れることができない「飾りポケット」であること。これでは懐中時計が入らない! そこで改造してみました。

シャツは前回作ったもの。ダンス用なので肩が上がらず美しく踊ることが出来ます。さて一揃い完成しましたよ。

腕を上げてもひきつれない正装用(ダンス用)ドレスシャツ【テーラー五十嵐(2)】
正礼装用のウィングカラー・ピンタックブザムのドレスシャツを作りました。ダンス用なので腕を上げても全く引きつれがありません。テーラー五十嵐によるフルカスタマイズのシャツです。

雨降りでも楽しい撮影会

黒留袖とで作る燕尾服

写真撮影:若鳩(@jack_tailor

あいにくの雨降りとなりましたが、素晴らしい写真を撮っていただいて満足しています。若鳩さんありがとうございました。参考にした洋書は他にもたくさんの作例が載っていたから、また別のタイプのものも作ってみたいなー。(2019年04月25日〜06月13日制作)

【蒸気夫人(マダムスチーム)】

関連商品・参考文献

材料・道具
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました