【ブログ】月・水・金の夜7時 更新
【YouTube】水・日の夜8時30分 更新
スポンサーリンク

蒸気の庭と温室をソーラー充電式のLEDライトで飾ってみました

庭・温室のライト
蒸気の庭と温室。私のスチームガーデンです。これらのライトのうち半分は電気による白熱球、半分はソーラー充電によるLED照明。どちらも夜になるとライトが自動点灯します。今回は庭と温室に新たに追加したライトについてです。

スポンサーリンク

雨の日の庭と温室もまた良し

庭・温室のライト
雨の日の蒸気の庭と温室。雨降りは気分が沈みますが、植物にとっては恵みの雨。個人的には植物はさんさんとした太陽の元で見るよりも、雨上がりの水滴に飾られた状態の方が美しいと思います。雨音を聞きながら温室で過ごすのは私の癒やしの時間です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソーラー充電式ストリングライト2セット

庭・温室のライト
Amazonでこんなストリングライトを買いました。ソーラー式で自動充電されるため電気代はゼロ。LEDは100球で長さは10mあります。IP64防水だから水やりをする温室や庭にはぴったりの商品です。

アイアン製の植物棚にまきつけました

庭・温室のライト
常灯、点滅などライトモードは8種類もあるのでクリスマスのイルミネーションにもいいですね。2コセットだったので、左右のアイアン製植物棚にまきつけてみました。4年前に作った食虫植物のガイコツ鉢もきれいに照らしてくれます。

ドクロ鉢と食虫植物の育て方(ハエトリソウ・サラセニア・モウセンゴケ)
ドクロの植木鉢を3種類入手しました。穴をあけて底面給水鉢に改造し、食虫植物(ハエトリソウ・サラセニア・モウセンゴケ)を植え付けて育てています。鉢の作り方と育成方法について。

フィラメント電球のストリングライト

庭・温室のライト
こちらはフィラメント電球のストリングライト。15のソケット、長さは15mです。これはソーラー充電でなくコンセントに差し込んで使うタイプ。私の温室は木でできているので、ネジ式のフックをつけてそこに引っ掛けています。ライトはタイマーで日没後に自動点灯するようにしました。これもIP65の防水仕様です。

歯車のウォールステッカー窓と鳥コレクションコーナー。

庭・温室のライト
温室内部の歯車のウォールステッカー窓鳥コレクションコーナー。ここのライトはすべてソーラー充電のものですね。人工観葉植物や鳥の額縁を照らしています。これも数種類の点灯モードがあるのですが、チカチカと目にうるさいので常灯にしています。

100円ショップの額にクラシカルなイラストの絵を飾ってみませんか?
クラシカルなインコの額を飾ってみました。100円ショップの額がアンティークなインテリアアートに早変わり。簡易マット紙の作り方も書きました。休日の1日できる簡単工作です。
温室の窓に歯車のウォールステッカーを貼ってみました
自宅の庭のことを「蒸気の庭」と呼んでいるものの、ややスチームパンクっぽさが足りない気がしていました。そこで歯車のステッカーを窓に貼ってみました。窓辺が賑やかになりましたよ。
窓辺に人工観葉植物を飾ってみませんか? アーティフィシャルプランツの勧め
温室の窓辺。春夏秋冬一年を通して緑の植物が目を楽しませます。これらはすべて人工観葉植物です。水やりいらず、掃除も簡単。カーテンレールにひっかけるだけのお手軽インテリアです。

すべてソーラー式LEDライト

庭・温室のライト
カティーサーク号の木製模型を飾っている棚のライト、先程ご紹介した植物棚のライト、そしてレンガ壁を照らしているスポットライトもすべてソーラー充電のLEDライトです。結構明るいです。晴れた日にはだいたい夜中すぎまで灯りがついています。

白木クラフトキットで作ろう! カティーサーク号の木製模型
カティーサークは19世紀のイギリスの帆船です。中国から英国まで紅茶を運ぶティークリッパーと呼ばれた船。温室の装飾用に優雅で美しいカティーサーク号の木製模型を作ってみました。

温室入り口のソーラースポットライト

庭・温室のライト
温室入り口には、花が咲く植物を飾っています。秋冬はハボタン、ビオラ、パンジーの寄植え、春夏はペチュニアを中心にアレンジしています。それを夜照らすライトはこちら。LED30球のソーラースポットライト。照明の色は黄色と白に変えられます。

温室がお花屋さんの店先のようになりました

庭・温室のライト
白い矢印の部分に釘を打って取り付けています。スポットライトが花に当たって、お花屋さんの店先のようになりました。12時間点灯ということですが、晴れた日でも10時間ぐらいかなと思います。

ここ数年でLEDライトの性能は激的に進化!

庭・温室のライト
温室にLEDライトをつけたのは3年前のことですが、この数年でLEDの性能は驚くほど進化しましたね。前はちょっと暗いなと感じていましたが、ソーラー充電でも電気の白熱球ライトと比べても遜色がないほど明るくなりました。これで電気代が全くかからないというのはありがたいですね。(2019年12月28日・2019年01月03日制作)

【蒸気夫人(マダムスチーム)】

ソーラーLEDで電気代ゼロ円! 庭と温室の簡単ライトアップ法
最近のLEDの進歩は目覚ましいものがあります。蒸気の庭には各所に防水LEDライトを設置してあり、夜には自動的に点灯します。しかもソーラー電池のため電気代は全くかかりません。
材料・道具
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました